スポンサーリンク

Although the pronunciation of 「凹凸」 is “outosu”, pronunciation of 「凸凹」 is “dekoboko”?  ”凹凸” is strange Kanji
凹凸の発音は「outosu」だけど、凸凹の発音は「dekoboko」?不思議な漢字の「凸凹」

Photo by Rita Morais on Unsplash

This time we will introduce “凸凹(ou totsu)” which is a mysterious shape among kanji.
Basically, “凹” is pronounced “Oy”, “凸” is pronounced “totsu”.
It is like a kanji like a hieroglyph, but in Japan it is a kanji that is also used in modern times.

In addition, this kanji has the feature that pronunciation changes when the ordering changes.

· 凹凸 → outosu
· 凸凹 → dekoboko

To be honest, I did not know that there are any differences as mentioned above for Japanese. haha
Although I know how to read and mean, I have few opportunities to actually use it.
However, from the perspective of foreigners, I think that it looks like a very interesting kanji.

I would like to introduce some of the meanings and examples of “凹凸” this time.

First of all, I will explain from the meaning.

凹凸 means “the surface is not rough but bumpy”.
For example, I think that it is easy to understand if you imagine a land that has not been maintained.
In the usage example, I will express the expression “その地面にはオウトツがある(sono zimen niha outotsu ga aru)(there is an outs on that ground)”
It is similar to English “roughness”.

In the above case, the expression “オウトツがある(outotsu ga aru)” is not the same as “デコボコしている(dekoboko shiteiru),meaning of there is bumpy ground”,but it has the same meaning.
It seems that the shape of kanji is exactly what it shows.
I think that it is a kanji which is very easy to remember, because its meaning and appearance are together.

In Japan there is the word “デコボココンビ(dekoboko konbi)”.
“デコボコ(decoboko)” as used here has the meaning “two people contrasting in appearance and accuracy”.
However, the asymmetric two people make up a relationship to compensate for each other’s missing parts, and it means the combination that brings out a good synergistic effect.

It means “a state where the surface is not flat but rugged” when it is a single body, but when it is “decoboco combination” it changes to mean “two people contrasting in appearance and accuracy”.
This is a difficult part of Japanese.
Indeed, “凹” and “凸” are contrasting, so it is not amusing to use “opposite” when used like something other than looks.

“デコボココンビ” often appears in movies, animation, and manga.
Although it is not a character of the protagonist, interesting things appear in the story by having “デコボココンビ”.

By the way, this time I introduced Kanji called “凹凸(outosu)” which means “the surface is not flat but rugged” and “a person or thing that has a contrasting appearance and personality”.
In fact it is almost impossible to use the kanji called “unevenness”, but since I will use the word “decoboco” on a daily basis, I hope that you can remember it.

=====

今回は漢字の中でも不思議な形をしている「凸凹」をご紹介します。
基本的には、「凹」は「オウ」、「凸」は「トツ」と発音します。
まるで象形文字のような漢字ですが、日本では現代でも使われている漢字です。

また、この漢字は並び順が変わると発音が変わるという特徴を持っています。

・凹凸 → オウトツ
・凸凹 → でこぼこ

正直、日本人の私でも上記の違いがあることは知りませんでした。haha
読み方や意味は知っているものの、実際に使う機会はほとんどありません。
しかし、海外の方から見ると、とても興味深い漢字に見えるかと思います。

今回は「凹凸」の意味や使用例をいくつかご紹介したいと思います。

まずは意味から說明しますね。

凹凸(オウトツ)は「表面が平ではなくでこぼこしている状態」という意味です。
例えば、整備されていない土地をイメージしていただけると分かりやすいかと思います。
使用例は、「その地面にはオウトツがある」という表現をします。
英語の「roughness」と似た意味ですね。

上記の場合、「オウトツがある」ではなく「でこぼこしている」という表現でも同じ意味になります。
漢字の形がまさにデココボコしている様子を表しているようですね。
意味と見た目が一緒なので、非常に覚えやすい漢字かと思います。

日本には「デコボココンビ」という言葉があります。
ここで言う「デコボコ」とは「見た目や正確が対照的な2人」という意味を持っています。
しかし、その非対称な2人がお互いの足りない部分を補う関係となり、良い相乗効果を発揮するコンビの事を指します。

「デコボコ」単体だと「表面が平ではなくでこぼこしている状態」という意味ですが、「デコボココンビ」となると「正確や見た目が対照的な2人」という意味に変化します。
ここが日本語の難しいところですね。
確かに「凹」と「凸」は対照的な存在なので、見た目以外の様に使うと「真逆」という意味になってもおかしくはないですね。

「デコボココンビ」は映画、アニメ、漫画によく登場します。
主役のキャラクターではないですが、「デコボココンビ」がいる事でストーリーに面白みが出たりします。

さて今回は「表面が平ではなくでこぼこしている状態」と「見た目や性格が対照的な人や物」という意味を持つ「凸凹」という漢字をご紹介しました。
実際に「凸凹」という漢字を使う事はほぼありませんが、「デコボコ」という言葉は日常的に使いますので、是非覚えて頂ければと思います。

スポンサーリンク