スポンサーリンク

Japanese words for responding that can be used in any situation “そうだね(soudane)”,”そだね(sodane)”,”そだねー(sodanee)”,it means “That’s right”.
どの場面でも使える日本の相槌「そうだね」「そだね」「そだねー」

Photo by Boudewijn Huysmans on Unsplash

The day on which this article is written is February 26, 2018.
The Pyeongchang Olympics celebrated the closing ceremony just on yesterday’s February 25.

I will introduce the word “そだねー(sodanee)” that Japanese curling player was saying because it was in today’s Japanese Twitter trend word.

“そだねー(sodanee)” is originally a word “そうだね(soudane)”.
In the news etc. it is reported as “Hokkaido dialect”.
However, I was born in Fukuoka and now I live in Tokyo also used the word “そだねー(sodanee)” now and then.

There were differences in local accent and dialect and phrasing, and it may be that “そだねー(sodanee)” the curling player was saying is Hokkaido dialect.

First let’s look at the original meaning, “そうだね(soudane)” from the word.

I think that “そうだね(soudane)” is close to the meaning of “You’re right” or “That’s right” in English.
It is a word that tells that you think positively about your opponent’s remarks and acts.
I think that there is a thing to use “Right” as an offense in English, but “そうだね(soudane)” is also used in the same way.

I think that I use the word “Right” for everyone in English.
But in Japanese, the word “そうだね(soudane)” changes depending on the partner.

If the opponent is a senior or business partner, say “そうですね(soudesune)”
If the other party is a good senior, you say “そうっすね(soussune)”
If the other party is a colleague or junior, say “そうだね(soudane)”.

A young man in Japan tells “そだね(sodane)” and “だね(dane)” short for it.
By the way, at the Osaka dialect, “せやな(seyana)” or “そうやな(souyana)” and so on.

I often use “そうっすね(soussune)” for my seniors at work.
For juniors, use “そだね(sodane)”.
You may be using this word almost everyday.

Japanese curling players also used “そだねー(sodanee)” to teammate’s behavior and judgment.
I think that I used it in the meaning of “You’er right” in English.

Well this time I introduced words that are often used in “そうだね(soudane)”

I think that it is difficult to memorize everything because there are various expressions of “そうですね(soudesune)”.
Expressions other than “そうですね(soudesune)” may be rude expressions at times and occasions.

First of all, I think that it is good to remember from “そうですね(soudesune)” that can be used in any situation.

=====

この記事を書いている日は2018年の2月26日ですが、ちょうど昨日の2月25日に平昌オリンピックが閉会式を迎えました。

日本のカーリング選手が言っていた「そだねー」という言葉が、今日の日本のTwitterのトレンドワードに入っていたのでそちらをご紹介します。

「そだねー」は元々は「そうだね」という言葉です。
ニュース等では「北海道弁」と報じられています。
しかし、福岡出身で今は東京に住んでいる私も「そだねー」という言葉は今も昔も使っていました。

地方に寄って訛りや言い回しに違いがあり、カーリング選手が言っていた「そだねー」は北海道弁と言われたのかもしれません。

まずは元々の意味である「そうだね」という言葉から見ていきましょう。

「そうだね」とは英語でいう「You’re right」という意味に近いと思います。
相手の発言や行為を肯定的に思っているという事を伝える言葉です。
英語でも相槌として「Right」と使う事があるかと思いますが、「そうだね」も同じような使い方をします。

英語では誰に対しても「Right」という言葉を使うと思います。
しかし日本語では相手によって「そうだね」という言葉が変化します。

相手が先輩やビジネスパートナーの場合は「そうですね」と言います。
相手が仲が良い先輩であれば「そうっすね」と言います。
相手が同僚や後輩の場合は「そうだね」と言います。

日本の若者は「そうだね」を略して「そだね」「だね」と言ったりもします。
ちなみに大阪弁では「せやな」「そうやな」などと言います。

私は職場では先輩に対して「そうっすね」をよく使います。
後輩に対しては「そだね」を使います。
この言葉はほぼ毎日使っているかも知れません。
それぐらい「そうだね」は日常で使う言葉です。

日本のカーリング選手もチームメイトの行動や判断に対して「そだねー」と使っていました。
英語でいう「You’er right」という意味で使っていたと思います。

さて今回は「そうだね」という相槌でよく使われる言葉をご紹介しました。

「そうだね」という言葉は色んな表現があるので全て覚えるのは難しいと思います。
「そうですね」以外の表現は時と場合によっては失礼な表現になる可能性があります。

まずはどの場面でも使える「そうですね」から覚えるのが良いと思います。

スポンサーリンク