スポンサーリンク

Writing “I know that I do not know anything” with Kanji “無知の知”
「I know that I don’t know anything」を漢字で書くと「無知の知」

Photo by Element5 Digital on Unsplash

This time, we introduce difficult words “無知の知(muchi no chi)”.
I often introduce youth words in other articles, but this time it will be a word with a little academic meaning.

“無知の知” has the same meaning as “I know that I do not know anything”.
It is a famous word of Socrates.
Writing “I know that I do not know anything” in Japanese will be the word “無知の知”.

Let’s disassemble words and see.

First of all, the word “無知(muchi)” has the meaning of “lack of knowledge” or “silly thing”.
An example of use is as follows.

· My friend is ”無知(ignorant and insane)”.
· Because you are “無知(ignorant)”, cause such a failure
· The fraudster takes advantage of people’s “無知” and deceives them

It is similar to English “ignorant”.

Next to “知 (chi)”, it has a meaning similar to “knowledge” in English.
As a digression, I will explain the formation of “knowledge”.

“知” is a kanji that the kanji “矢(ya)” and “口(kuchi)” are united.
“矢” means “arrow”, “口” means “mouth”.
It seems that “矢” and “口” contain the meaning “誓う(chikau)”,it means “swear”.
By combining “矢” and “口”, it seems to have meaning “to know things by swearing to God”.
The act of “knowing” is a very sacred thing.

Then, what does it mean if “無知” and “知” combine?
It means “I know that I do not know anything”.

I will also briefly describe the meaning of “I know that I do not know anything”.

Meaning: A person who consciously considers that wisdom is insufficient and who learns greedy has more wisdom than a person who prides himself as having wisdom

In other words, there is no end to learning, it is important to continue learning.
I heard that the same thing can be said for language learning as well.
New words and usage are constantly being born in both English and Japanese.
At some point after completing language learning, people who continue to learn continuously are overtaken by the knowledge amount someday.
It is important to continue anything.

There are many Japanese who do not know the true meaning of famous words of such predecessors.
To be honest, I also used words without knowing the real meaning because the word “無知の知” is cool.
I do not say “state that awareness of ignorance” is “無知の知”.
It means that you can use the word “無知の知” only in “the state that is acting because you are aware of ignorance”.

There is the word “口だけ(kuchi dake)” in Japanese.
It is the same meaning as “You are only talking, but you have never translated into action” in English.

I realized that my confidence was just “口だけ” during writing this article.
By understanding the real meaning of words, it became a good opportunity to rethink your actions.

Well this time I introduced a somewhat difficult word “無知の知”.
This word is a word with a very essential meaning.
By all means, I think that you can remember this Japanese together with meaning.

=====

今回は、海外の方が知っていると日本人から驚かれる難しい言葉「無知の知(muchi no chi)」をご紹介します。
他の記事で若者言葉を紹介する事が多いですが、今回は少し学問的な意味を持つ言葉となります。

「無知の知」とは、「I know that I don’t know anything」と同じ意味です。
ソクラテスの有名な言葉ですね。
「I know that I don’t know anything」を日本語で書くと「無知の知」という言葉になります。

言葉を分解して見てみましょう。

まず「無知(muchi)」という言葉ですが、「知識が足りない事」「愚かな事」という意味を持っています。
使用例としては下記です。

・私の友達は無知で非常識な人間だ
・あなたは無知だから、そのような失敗を起こす
・詐欺師は人の無知に付け込んで騙す

英語の「ignorant」と似た意味ですね。

次に「知(chi)」ですが、英語の「knowledge」に似た意味ですね。
余談になりますが、「知」の成り立ちを說明します。

「知」とは漢字の「矢(ya)」と「口(kuchi)」が合体している漢字です。
「矢」は「arrow」で、「口」は「mouth」という意味ですね。
「矢」と「口」には「誓う」という意味が含まれているそうです。
この「矢」と「口」が合体する事で「神様に誓う事で物事を知る」という意味を持つそうです。
「知る」という行為はとても神聖なものなんですね。

それでは「無知」と「知」が合体するとどういう意味になるのでしょうか?
「知識が無い事を知っている」という意味になりますね。
これをそのまま英訳すると「I know that I don’t know anything」になります。

「I know that I don’t know anything」の意味も簡単に記載しますね。

意味:自分は知恵があると自負している人よりも、自分は知恵が足りないと自覚して貪欲に学び続ける人の方が知恵が多い

つまり学問には終わりは無く、学習し続ける事が大事という事ですかね。
言語学習にも同じ事が言えそうですね。
英語も日本語も常に新しい言葉や使い方が生まれ続けています。
言語学習を終えた時点で、継続して学習し続けている人にいつかは知識量で追い抜かされてしまいます。
何事も継続する事が重要ですね。

日本にはこのような先人たちの有名な言葉の本当の意味を知らず使っている人もたくさんいます。
正直、私も「無知の知」という言葉が格好良いため、本当の意味を知らずに使っていました。
「無知という事を自覚している状態」を「無知の知」とは言わないですね。
「無知という事を自覚しているから行動を起こしている状態」にのみ「無知の知」という言葉が使えるという事ですね。

日本語には「口だけ」という言葉があります。
意味は「言葉には出すが行動を起こしていない人」の事を指します。
英語の「You are only talking, but you have never translated into action」と同じ意味です。

この記事を書いている最中にまさに私自信も「口だけ」の状態になっていた事に気づきました。
言葉の本当の意味を理解することで自分の行為を見つめ直す良い機会になりました。

さて今回は「無知の知」というやや難しい言葉をご紹介しました。
この言葉は非常に本質的な意味を持つ言葉です。
是非、意味と一緒にこの日本語を覚えて頂ければと思います。

スポンサーリンク