スポンサーリンク

Introducing the popular menu of Yakiniku with explaining which part of cow
人気の焼肉のメニューをどこの部位かも含めて紹介 「タン塩」「カルビ」「 ロース」「ハラミ」「ヒレ」「サーロイン」「ホルモン」 etc

Photo by クランキーさん on photo AC

This time I will introduce the menu of Japanese Yakiniku which is popular among overseas people.
The menu of grilled meat is named after each part of the cow.
There are quite a lot of menu of Yakiniku, but we introduce the basic menu this time.

==========
■ タン塩 (Tanoshio)
It is a tongue of a cow with salty taste, when eating lemon is put on and eat

■ カルビ (Karubi)
A part where fat grew on the meat around the avala
Good taste is stronger and tasty as good fat

■ ロース (Loosu)
Cow shoulder to back part
Less fat and refreshing taste

■ ハラミ (Harami)
Sites around the diaphragm
Meat with less greasy and chewy fish

■ ヒレ (Hire)
Meat of the same part as loin
The texture is softer than the roast

■ サーロイン (Saaroin)
Meat of the same part as loin
There is more fat than loin and the texture is soft

■ カイノミ (kainomi)
Meat in the same area as Calvi
It is sweeter than Calvi

■ シャトーブリアン (Shatoo burian)
A good quality part of fins
The price is high, but it is quite delicious

■ ランプ (Ranpu)
Meat in the area around the cow’s butt
Less fat and refreshing taste

■ いちぼ (Ichibo)
Meat in the area around the cow’s butt
Soft red meat

■ ミスジ (Misuji)
Meat in the lower part of the shoulder blade
The price is expensive but tasty

■ ハツ(Hatsu)
Cow heart
Resilient meat
Not only cattle but also hearts of birds are called hats and can be eaten as yakitori

■ テール(teeru)
Cow tail
It is often used for sushi sushi

■ シマチョウ (Shimachou)
Another name is called “ホルモン(horumon)”
There is a peculiar texture, but there is a umami that is unique to hormones
==========

タン塩, カルビ, ロース, and ハラミ are the parts that Japanese orders well.
If you are not good at meat fat, you should order タン塩, ロース, ハラミ.
サーロイン, シャトーブリアン, ミスジ are expensive, so I think that will be a good memory once you eat it as a celebration of a special occasion.

=====

今回は海外の人にも人気が高い日本の焼肉のメニューを紹介します。
焼肉のメニューは牛の部位にそれぞれ名称を付けています。
焼肉のメニューはかなり種類が多いですが、基本的なメニューを今回紹介します。

==========
■タン塩 (たんしお)
塩味が付いた牛の舌で、食べる時にはレモンをかけて食べる

■カルビ (かるび)
アバラのまわりの肉で脂が乗った部位
良質な脂ほど旨味が強くて美味しい

■ロース (ろーす)
牛の肩から背中にかけての部位
脂が少なくさっぱりした味

■ハラミ (はらみ)
横隔膜のあたりの部位
脂は少なく噛みごたえのある肉

■ヒレ (ひれ)
ロースと同じ部位の肉
ロースよりも食感は柔らかい

■サーロイン (さーろいん)
ロースと同じ部位の肉
ロースよりも脂が多く食感も柔らかい

■カイノミ (かいのみ)
カルビと同じ部位の肉
カルビよりも甘みが強い

■シャトーブリアン (しゃとーぶりあん)
ヒレの中でも良質な部位
値段は高いがかなり美味しい

■ランプ (らんぷ)
牛のお尻辺りの部位の肉
脂が少なくさっぱりした味わい

■イチボ (いちぼ)
牛のお尻辺りの部位の肉
柔らかい赤身の肉

■ミスジ (みすじ)
肩甲骨の下辺りの肉
値段は高いが美味しい

■ハツ (はつ)
牛の心臓
弾力がある肉
牛だけではなく、鳥の心臓もハツと呼び、焼き鳥として食べる事ができる

■テール (てーる)
牛の尻尾
スープのダシによく使われる

■シマチョウ (しまちょう)
別名は「ホルモン」と呼ばれる
ぶよぶよした食感だがホルモンならではの旨味がある
==========

タン塩、カルビ、ロース、ハラミは日本人もよく注文する部位です。
肉の脂が苦手な方は、タン塩、ロース、ハラミなどを注文すると良いでしょう。
サーロイン、シャトーブリアン、ミスジは値段が高いので、特別な機会のお祝いとして食べるときっと良い思い出になると思います。

スポンサーリンク