スポンサーリンク

Japanese words to use in a Shushi restaurant (Basics)
寿司屋で使う言葉(基礎)「あがり」「おあいそ」「ガリ」「サビ」「しゃり」「ズケ」「トロ」「ネタ」 etc

Photo by rawpixel.com on Unsplash

This time we will introduce the words related to the sushi restaurant which is popular among overseas people.
Because there are history of sushi restaurants, there are many more technical terms than other Japanese food.
In this article, I will introduce the basic words used in the sushi bar.

==========
■ あがり(agari)
About tea.
Because it is the word used by the store side, the customer side can call it お茶(ocha)tea

■ いなり(inari)
Sushi wrapped rice with fried tofu
In kanji write “fox sushi”

■ エンガワ(Engawa)
Things about flounder and flounder fins
It is delicious when you bake it.

■ おあいそ(oaiso)
Accounting matters

■ カッパkappa)
Sushi rolling cucumber with seaweed

■ ガリ(gari)
Food that cut ginger thinly and sweetened in pickled vegetables

■ 軍艦巻き(gunnkann maki)
Sushi wrapped in a bamboo shoots and stuff

■ ゲソ(geso)
Squid things
In kanji write “ゲソ”

■ 五目(gomoku)
Making chirashi zushi made by mixing ingredients with vinegared rice

■ サビ(sabi)
Wasabi
People who are not good at wasabi says “When you order sushi, you call it”Sabunuki(sushi without wasabi) “.

■ しゃり(syari)
Rice part of sushi
It is seasoned with vinegar

■ ズケ(zuke)
Tuna dipped in soy sauce

■ 伊達巻卵(datemakitamago)
A kind of egg-fried

■ 鉄火巻(tekka maki)
Sushi rolled tuna with seaweed

■ トロ(toro)
Tuna’s fat area
Because of the lot of goodness of fat, it is called middle or large toro

■ ネタ(neta)
Materials riding on the rice of sushi

■ のれん(noren)
Cloth thing which hangs down to the shop of the sushi bar

■ ヒカリモノで(hikari mono)
Blue fish things like mackerel and rice

■ 椀物(wan mpno)
Soup,like miso soup etc.
==========

There are other difficult terms of sushi, but I think that you can enjoy sushi restaurants if you remember the above.
I think that some of the overseas people do not like wasabi, so I think that it is good to remember “rusted”.

=====

今回は海外の人にも人気が高い寿司屋に関した言葉をご紹介します。
寿司屋は歴史があるため、他の和食よりも専門用語がたくさんあります。
この記事では、寿司屋で使われる基本的な言葉をご紹介します。

==========
■あがり
お茶のこと。
店側が使う言葉ですので、客側はお茶と呼んで良い

■いなり
油揚げで米を包んだ寿司の事
漢字では「狐寿司」と書く

■エンガワ
ヒラメやカレイのヒレの事
炙ると美味い

■おあいそ
お会計の事

■カッパ
キュウリを海苔で巻いた寿司の事

■ガリ
生姜を薄く切って甘酢漬けにした食べ物

■軍艦巻き
しゃりとネタを乗りで包んだ寿司の事

■ゲソ
イカのアシの事
漢字では「下足」と書く

■五目
酢飯に複数の具材を混ぜて作るちらし寿司の事

■サビ
ワサビの事
ワサビが苦手な人は寿司を注文する際に「サビ抜き(ワサビが入っていない寿司)」といいます。

■しゃり
寿司の米の部分
酢で味付けされている

■ズケ
醤油に漬け込んだマグロの事

■伊達巻卵
卵焼きの一種

■鉄火巻
マグロを海苔で巻いた寿司の事

■トロ
マグロの脂身部分の事
脂身の良の多さにより、中トロや大トロと呼ぶ

■ねた
寿司の米の上に乗っている具材の事

■のれん
寿司屋の店先に垂れ下がっている布の事

■ヒカリモノ
鯖や鯵などの青魚の事

■椀物
味噌汁などのスープの事
==========

他にも難しい寿司の専門用語がありますが、まずは上記を覚えておけば寿司屋でも楽しめると思います。
海外の人の中にはワサビが苦手な人もいるかと思いますので、「サビ抜き」は覚えておくと良いと思います。

スポンサーリンク