スポンサーリンク

People who enjoy life are called “Riajuu” in Japan.
人生を楽しんでいる人を日本では「リア充」と呼びます。

Photo by Katy Belcher on Unsplash

Well this time, we will introduce “Riajuu” meaning “Rialu ga juujitsu shiteiru”.

The word “Riajuu” is a word that is often used among young people, so I definitely want to remember it.
However, for overseas people, I think that the meaning “Reajuu” meaning “Rialu ga juujitsu shiteiru” is hard to understand first.

First of all, I will explain from the meaning “Riajuu” meaning “Rialu ga juujitsu shiteiru” and introduce what kind of way “Riajuu” is used.

“Riajuu” meaning “Rialu ga juujitsu shiteiru” means a person in the state as shown below.

▼ Example
· have a lot of friends
· Work is fun
· School is fun
· Immersed in hobbies
· Good looks
· I have plenty of money
· I am enjoying my holiday

Briefly, it is about the person who enjoys life.

In Japanese there is sometimes to express the word “real world” with the word “rialu”.
In addition, “juujitsu” has the meaning of “a necessary and rich state rich”.

In other words, “Riajuu” meaning “Rialu ga juujitsu shiteiru” means “a state where necessary items are available enough to enjoy the real world”.
So, those who satisfy any of the conditions described in the above example are easy to say “Riajuuu”.

There are many things often called “Riajuu” if you do something like the following.
· Date with opposite sex
· Go to Disneyland on holidays
· Going abroad with friends and family
· Dine in a fine restaurant

However, it seems that it was used in a different meaning from the meaning in 2006 around the year 2006 when the word “Riajuu” was born.
Originally “Riajuu” was the word used only in the Internet bulletin board, it seems to be a word made by a person who had no friends in the real world and who exchanged with people only on the internet bulletin board.

Initially it seems that it is said that it is “Riajuu” just by having a single friend or interacting with people in the real world.

However, after Facebook and Twitter became popular, the number of people who interacted on the Internet increased, and the meaning of “Riajuu” began to change.
First of all, people who use Facebook and Twitter have many “Riajuu” in their original meaning.
Then, from the meaning of “Riajuu” means “to have friends alone” and “to interact with people in the real world”, it changed to mean “to enjoy life more or enjoy life” .

However, so-called “extraordinary things” like those mentioned above are not easy things to do everyday.
Therefore, a tendency for friends to envy people who are doing such “extraordinary things” began to be born.
Then, on Facebook that uses real names, posts of “extraordinary things” have increased.
Everyone wants to satisfy the desire to be envious.

I will also say “Riajuu Appeal” in a sarcastic sense of posting only such “extraordinary things”.
Well, it is not easy to be proud of “extraordinary things” too much.

On the contrary, “person who do not have extraordinary things” are said to be “Hi riajuu” masochistically.

However, whether it is “Riajuu” or not is not a matter decided by others but is felt by myself, but feeling whether happiness recognized by others is recognized may be a culture peculiar to Japan.

By the way, this time we introduced “Riajuu” which is a word meaning “people and condition enjoying life, doing extraordinary things and enjoying life”.
Despite the fact that there is not much deep meaning in Japan, the phrase “Riajuu” is used, so from overseas people there are many scenes which makes it difficult to understand “Why is it REAL?”
At that time I think that understanding the meaning of the words will deepen by listening to the reasons for “Riajuu”.

=====

さて今回は、「リアルが充実している」という意味を持つ「リア充」をご紹介します。

「リア充」という言葉は若者の間でよく使われれる言葉なのでぜひ覚えて頂きたい言葉です。
しかし、海外の方にとっては「リアルが充実している」という意味がまず理解し難いと思います。

まずは「リアルが充実している」という意味から說明し、「リア充」がどういう使われ方をしているかをご紹介していきます。

「リアルが充実している」というのは、下記の様な状態の人を指します。

▼例
・友達がたくさんいる
・仕事が楽しい
・学校が楽しい
・趣味に没頭している
・ルックスが良い
・お金をたくさん持っている
・休日を楽しんでいる

簡単に言うと、人生を楽しんでいる人の事ですね。

日本語では「現実世界」の事を「リアル」という言葉で表現する事があります。
また、「充実」とは「必要な物が揃い豊かな状態」という意味を持っています。

つまり「リアルが充実している」とは、「現実世界を楽しむために必要な物が十分に揃っている状態」という意味になります。
なので、上記の例に記載したいずれかの状態を満たしている人は「リア充」と言われやすいですね。

他にも下記の様な事をすると「リア充」と言われる事も多いです。
・異性とデートをする
・休日にディズニーランドに行く
・友達や家族と海外旅行に行く
・高級レストランで食事をする

しかし、「リア充」という言葉が生まれた2006年あたりでは、今の意味とは違う意味で使われていたようです。
元々「リア充」はインターネット掲示板のみで使われていた言葉で、現実世界に友達がおらず、インターネット掲示板のみで人と交流していた人が作った言葉だそうです。

当初は友達が1人でもいたり、現実世界の人と交流したりするだけで「リア充」と言われていそうです。

しかし、FacebookやTwitterが流行りだした後、インターネットで交流する人たちが増え、「リア充」の意味が変化し始めました。
まず、FacebookやTwitterを使う人達は本来の意味での「リア充」が多いです。
そうなると、「リア充」の意味が「友達が1人でもいる」「現実世界の人と交流する」という意味から、「人生をより楽しんでいる状態や楽しむ事をする」という意味に変化しました。

しかし、上記の様ないわゆる「非日常的な事」は毎日簡単にできるものではありません。
よって、そのような「非日常的な事」をしている人を友達は羨ましく思う傾向が生まれ始めました。
そうなると、実名で利用するFacebookでは、「非日常的な事」の投稿が増えてきました。
皆、羨ましがられたいという欲求を満たしたいという事ですね。

そのような「非日常的な事」ばかりを投稿する事を皮肉な意味を込めて「リア充アピール」と言ったりもします。
まぁ、あまり「非日常的な事」を自慢されても困りますしね。

逆に「非日常的な事が無い人」を自虐的に「非リア」と言ったりもします。

しかし、「リア充」かどうかは他人が決める事ではなく自分で感じるものですが、他人から認められた幸せかどうか感じるというのは、日本特有の文化かもしれませんね。

さて今回は「非日常的な事を行い、人生を楽しんでいる人や状態」を意味する言葉である「リア充」をご紹介しました。
日本ではあまり深い意味が無いのにも関わらず「リア充」という言葉が使われますので、海外の方からすると「なぜリア充なのか?」が分かりにくい場面が多いかもしれません。
その時は「リア充」の理由を聞いてみる事で、言葉の意味の理解が深まると思います。

スポンサーリンク