スポンサーリンク

An opponent who can not easily win or a problem that can not be solved is called “Lasubosu”.
簡単に勝てない相手or解決できない問題の事を「ラスボス」と言います。

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

Well this time we will introduce the word “Lasubosu” born from the enemies who appear in video games.

“Lasubosu” is an abbreviation for “last boss”, which refers to the strongest enemy that appears at the end of the game.

In English, it is the word “last boss” “final boss” “end-stage enemy”.

Originally it was used only for enemies of the game, but it gradually began to be used for everyday life as well.

Let’s explain the detailed meaning of “Lasubosu” and examples of use in daily life.

First of all it is the meaning of “Lasubosu”, but in exact Japanese it is the expression “last enemy”.
“Last enemy” became like “last boss”, “last boss” was abbreviated and the word “Lasubosu” was born.
It is a kind of so-called Japanese English.

Because it is called “the last enemy”, of course it can not be defeated easily.
“Lasubosu” appearing in Japanese games usually has the ability to transform.
At first it seems that it does not look so strong, but every time it transforms, it changes terribly and looks powerfully and the ability also improves.

As a famous example, “Lasubosu” such as world famous games “Dragon Quest” and “Final Fantasy” will be transformed about three times on average.

However, the feature that “Lasubosu” transforms is not only Japanese games.
I often see the ability to reply “Lasubosu” which appears in Japanese cartoons and animation.

The enemies appearing in the world famous “Dragon Ball” are also transformed about three times on average.

The development that the hero side who was the dominant at first is falling into the struggle due to the enemy’s transformation is solid but it is exciting.

The common point of “Lasubosu” appearing in cartoon, animation, game is that it can not easily win.

From the characteristics of “Lasubosu” like this we have come to say “Lasubosu” like the following.

· Even in everyday life you can not win easily
· Or a terrible looking human
· Problems that can not be solved easily

In other words, “Lasubosu” is used for people and events that are not straightforward, and it has become meaningful as a word indicating its difficulty.

It is Kobayashi Yukiko san who is a famous Japanese celebrity and is said to be “Lasubosu”.
Sachiko Kobayashi san has appeared in red and white song battle broadcasted at the end of the year every year.
The costume wearing at that time was exactly like “Lasubosu”, it came to be called “Lasubosu” on the Internet bulletin board in Japan etc.

By the way, we also read the enemies that appear before “Lasubosu” as “Chuubosu(middle boss)” and “enemies that appear before” Chuubosu(middle boss)”as”Shoubosu(small bosses)”.

By the way, this time I introduced the word “Lasubosu” which means that you can not win easily in everyday life or a problem you can not solve.

There are not many opportunities to use on work, but when you talk about games, cartoons, animation, it is a word that appears frequently, so I think that you can remember it.

=====

さて今回はビデオゲームに登場する敵から生まれた言葉「ラスボス」をご紹介します。

「ラスボス」とは「ラストボス」の略語で、ゲームの最後に登場する最強の敵の事を指します。

英語では「last boss」「final boss」「 end-stage enemy」という言葉になります。

当初はゲームの敵のみに使用されてきた言葉ですが、徐々に日常生活に対しても使われるようになってきました。

それでは「ラスボス」の詳しい意味や日常での使用例を說明していきますね。

まず「ラスボス」の意味ですが、正確な日本語では「最後の敵」という表現になります。
「最後の敵」を「ラストボス」と言うようになり、「ラストボス」が略されて「ラスボス」という言葉が生まれました。
いわゆる和製英語の一種となります。

「最後の敵」と呼ばれるぐらいですので、もちろん簡単には倒せません。
日本のゲームに登場する「ラスボス」は大抵が変身する能力を持っています。
最初はそこまで強そうには見えない見た目ですが、変身する度に恐ろし見た目に変化し、能力もパワーアップしていきます。

有名な例を挙げると、世界的に有名なゲーム「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などの「ラスボス」は、平均3回ほど変身しますね。

しかし、「ラスボス」が変身するという特徴は日本のゲームだけではありません。
日本の漫画やアニメに登場する「ラスボス」も返信する能力を持っている事が多いです。

世界的に有名な「ドラゴンボール」に登場する敵も平均3回程変身する事が多いですね。

最初は優勢だったヒーロー側が、敵の変身により窮地に陥るという展開はベタですがワクワクしますね。

漫画、アニメ、ゲームに登場する「ラスボス」の共通点は、簡単には勝てないという点です。

このような「ラスボス」の特徴から下記の様な事を「ラスボス」と言うようになりました。

・日常生活でも簡単には勝てない相手
・または恐ろしい見た目の人間
・簡単には解決できない問題

つまり「ラスボス」とは、一筋縄ではいかない人や事象に対して使い、その困難さを示す言葉という意味を持つようになりました。

日本の有名人で「ラスボス」と言われているのは小林幸子さんですね。
小林幸子さんは毎年年末に放送される紅白歌合戦に出演されています。
その時に着ている衣装がまさに「ラスボス」の様な出で立ちで、日本のインターネット掲示板等で「ラスボス」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、「ラスボス」の前に登場する敵の事を「中ボス」、「中ボス」の前に登場する敵を「小ボス」と読んだりもします。

さて今回は日常生活でも簡単には勝てない相手 or 解決できない問題などを意味する「ラスボス」という言葉を紹介しました。

仕事上では使う機会は多くはありませんが、ゲーム、漫画、アニメの話をする時には頻繁に登場する言葉ですので、是非覚えて頂ければと思います。

スポンサーリンク