スポンサーリンク

When first meeting,saying good bye,and asking something, Japanese people always say “宜しく(yoroshiku)”.But young people say it “よろ(yoro)”.
初めて会った時、別れ際、依頼をする時などに日本人が必ず使う「宜しく」。それを若者は「よろ」と言います。

Photo by rawpixel.com on Unsplash

Well this time we will introduce “Yoro” which is a change form of “Yoroshiku” and “Yoroshiku onegaishimasu”.

“Yoro” is a word that young people use on e-mails, chatting, Twitter and Internet bulletin boards.

However, depending on some people abroad, I think it is difficult to understand at what times to use the word “Yoroshiku” and “Yoroshiku onegaishimasu”.

“Yoroshiku onegaishimasu” is a word used in various scenes, the meaning varies depending on the scene.

First of all, I will introduce the meaning of “I would appreciate your favor”.
We will introduce usage examples for each scene afterwards.

“Yoroshiku onegaishimasu” has the following meaning.

· A word to accompany when asking for questions
· A word to add at the end of a sentence
· Words to use as a greeting to people for the first time
· Words that convey the desire to maintain good relationships in the future

If it is English with similar meaning it will be below.

· Thank you.
· Nice to meet you.
· Best regards
· Let’s keep in touch.
· Please say hello to him.
· I’m looking forward to working with you.
· Thank you for your continuous support.

In summary, it will be two types of “use as a greeting” and “use when asking”.

I think that if you use English in different situations you will use different words, but in Japanese you have a culture that uses the word “Yoroshiku onegaishimasu” in every situation.

Up to this point is a description of the meaning of “Yoroshiku onegaishimasu.”
Let’s make a statement of the main subject “Yoro”.

First, Japanese young people have the characteristic of “using words abbreviated”.
“Yoro” is an abbreviation for “Yoroshiku” and “Yoroshiku onegaishimasu”.

Some of my friends also use “Yoro”, but if you say “Yoroshiku” it takes time to enter the text, so you have entered “Yoro” to shorten the input time did.

Depending on who is chatting while playing the game, people with less time to enter text are easy to play, so cultures that communicate in short words are common.

Here are some examples of use.

Example 1
· I’d like you to buy me a drink
· Is it OK with tea?
· OK. “Alright”

Example 2
· Happy New Year (Happy New Year)
· Good deal (Thank you again this year)

Example 3
· I will bring my luggage at 12 o’clock tomorrow.
· Alright

I think that it is difficult to understand the meaning, but once you understand it, I think that it will be quite useful words.

In my workplace, I often use the word “Yoroshiku onegaishimasu” to a lot of people, such as colleagues, bosses, partners, etc.

In the exchange of e-mails with Japanese people, it is basically described as at the end of the sentence.
For foreigners who work in Japan with a lot of mail exchanges, I think that the frequency of use of “Yoroshiku onegaishimasu” is quite high.

However, “Yoro” is a word used by young people to communicate with friends and colleagues, so please do not use it for your boss or partner.

I sometimes use “Yoro” for my colleagues.

Well this time I introduced “How to use “Yoroshiku” and “Yoroshiku onegaishimasu” and its variant “Yoro”.

It is a word that uses peculiar Japanese, but it is an indispensable term when communicating with Japanese people, so I think that you should remember it.

=====

さて今回は「宜しく」「宜しくお願いします」の変化形である「よろ」をご紹介します。

「よろ」は若者がメールやチャット、Twitterやインターネット掲示板で使う言葉です。

しかし、海外の人によっては「宜しく」や「宜しくお願いします」という言葉自体を、どういう時に使えば良いのか理解するのが難しいと思います。

「宜しくお願いします」は様々な場面で使われている言葉で、場面によって意味が異なってくる言葉です。

まずは「宜しくお願いします」の意味を紹介します。
その後に場面毎の使用例を紹介しますね。

「宜しくお願いします」は下記の意味を持っています。

・頼み事をする際に添える一言
・文章の最後に添える一言
・初対面の人への挨拶として使う言葉
・これからも良い関係を維持していきたいという思いを伝える言葉

似た意味を持つ英語だと下記になります。

・Thank you.
・Nice to meet you.
・Best regards
・Let’s keep in touch.
・Please say hello to him.
・I’m looking forward to working with you.
・Thank you for your continuous support.

纏めると、「挨拶として使う」「お願いをする時に使う」の2種類になります。

英語であれば各場面で異なった言葉を使うと思いますが、日本語ではどの場面でも「宜しくお願いします」という言葉を使う文化があります。

ここまでは「宜しくお願いします」の意味の說明となります。
それでは本題である「よろ」の說明をしていきますね。

まず、日本語の若者は「言葉を略して使う」特徴があります。
「よろ」は「宜しく」「宜しくお願いします」の略し言葉です。

私の友達にも「よろ」を使っている人がいますが、「よろしく」だとテキストの入力に時間がかかるため、入力時間を短くするために「よろ」と入力しているとの事でした。

ゲームをしながらチャットをする人によっては、テキストの入力時間が短い方が遊びやすいので、略し言葉でコミュニケーションする文化が通例となっています。

使用例を幾つかご紹介します。

例1
・飲み物を買ってきて欲しい
・お茶でいいかな?
・いいよ。「よろー」

例2
・おけおめ(明けましておめでとうございます)
・ことよろ(今年も宜しくお願いします)

例3
・明日の12時に荷物を持っていくね
・よろー

意味を理解して使うこなすまでは大変だとは思いますが、一度理解できれば、かなり便利な言葉になるかと思います。

私も職場では「宜しくお願いします」という言葉を、同僚、上司、パートナーなどたくさんの人に使うことが多いです。

日本人とのメールのやり取りでは、文章の最後に「宜しくお願いします。」と記載するのが基本となっています。
メールのやり取りが多い仕事を日本でする外国人の方は「宜しくお願いします」の使用頻度がかなり高いと思います。

しかし、「よろ」は若者が友達や同僚との間のコミュニケーションする時に使う言葉ですので、上司やパートナーには使わないようにしてくださいね。

私も同僚に対してはたまに「よろ」を使う事もあります。

さて今回は「宜しく」「宜しくお願いします」の使い方と、その変化形である「よろ」をご紹介しました。

日本語特有の使い方をする言葉ですが、日本人とコミュニケーションする時には必須の言葉ですので、ぜひ覚えて頂ければと思います。

スポンサーリンク