スポンサーリンク

Japanese young people says “盛る(moru)” which means “to exaggerate”
日本の若者は「大げさにする事」を「盛る」と言います。

Photo by Tianshu Liu on Unsplash

Well this time we will introduce the word “Moru” frequently used by young people.

First, as official Japanese “Morul” has the following meaning.

· Place food in a dish
· To pile up
· Drink poison
· Drink alcohol

However, when used by young people the following meaning will also be included.

1. Speak a big deal
2. Make make-up fancy
3. Process the person in the photo to make it more beautiful

I think that English having similar meaning is “exaggerate” “hyperbole”.

As mentioned above, when used by young people it makes a totally different meaning.

Why was such a meaning born?
Following history seems to be said that a kind of photo booth called “Purikura” in the 1990s is beginning.

At that time, young people took photo stickers at Purikura, exchanging with friends, putting on a notebook became popular.

I also often told the game center to take a photo shoot with my friend on holidays.
When I was playing with Primula, there was only function to insert letters on the photo sticker and print it.

However, in the 2000s, it was equipped with a function capable of processing whitening the skin and enlarging eyes.

With that function, we can now process as much as we do not know who it is.

School girls tend to use their processing functions so that they look more cute and look like a completely different person.

From here it is said that “Moru culture” was born.
However, at that time the word “Moru” was not used yet, and the word “retouch” was used.

If my memory is right, I think I started to say “Moru” from around the time that the hairstyle of hostess became popular.

The hairstyle of hostess was made with feeling similar to “Soba is plentiful on the plate”.haha

Hostess puts a wig on her hair, making it a hairstyle about twice as large as the face.
From here on “making a flashy makeup” is now being expressed with the word “Moru”.

After that, it became to be used also in the meaning of “to make exaggerated” “to make a fancy make-up”.
And “to retouch photos” and “to make exaggerated stories” are also expressed by the word “Moru”.

Here are some examples of use.

1. Speak a big deal
· You always “Moru” your talk
· You have a habit of Moru talking

2. Make make-up fancy
· That girl has Moru(too much) makeup
· I’d rather raise my hair a bit Moru(more)

3. Process the person in the photo to make it more beautiful
· This photo is Moru(retouch too much)
· The picture of that girl’s Instagram is always Moru

Well this time I introduced a new Japanese slang “Moru” made by young people.
Because the meaning differs greatly between how to use among young people and general usage, it is difficult to understand the meaning, I think that it is not easy to master it.

“Moru” used by young people is a special way of using it, so we recommend that you learn from the general meaning “Moru” first.

As young people create new words in any age, I will introduce new words when new words are born again.

=====

さて今回は若者がよく使う言葉「盛る」をご紹介します。

まず、正式な日本語としての「盛る」は下記の様な意味があります。

・食べ物などを皿に入れる
・積み上げる
・毒を飲ませる
・酒を飲ませる

しかし、若者が使うと下記の意味も含まれるようになります。

1.話を大げさに話す
2.メイクを派手にする
3.写真の人物を加工してより美しくする

似た意味を持つ英語は「exaggerate」「hyperbole」だと思います。

上記の通り、若者が使うと全く違う意味になりますね。

なぜこのような意味が生まれたのでしょうか。
歴史を辿ると1990年代の「プリクラ」と呼ばれるフォトブースのような物が始まりと言われているそうです。

当時若者はプリクラで写真シールを撮り、友達と交換したり、手帳に張ったりする事が流行しました。

私も休日には友達とプリクラを撮りにゲームセンターによく言っていました。
私がプリクラで遊んでいた時は、写真シールに文字を入れてプリントするぐらいしか機能がありませんでした。

しかし2000年代になると、肌を白くしたり目を大きくしたりする加工できる機能が搭載されました。

その機能を使うと、もはや誰だか分からないぐらい加工ができるようになりました。

女子高生はより自分を可愛く見せるために、全くの別人に見えるほどその加工機能を使う傾向があります。

ここから「盛る文化」が誕生したと言われています。
しかし、当時はまだ「盛る」という言葉は使われておらず、「加工する」という言葉が使われていました。

私の記憶が正しければ、「加工する」という言葉を「盛る」と言い始めたのは、キャバクラ嬢(ホステス)の髪型が流行した頃からだと思います。

キャバクラ嬢(ホステス)の髪型はまるで「蕎麦を皿にたくさん盛る」と同じような感じで作られていました。

キャバクラ嬢(ホステス)は髪の上に更にウィッグを乗せ、顔の2倍ほどのボリュームになるぐらいの髪型にしていました。
ここから「派手なメイクをする事」が「盛る」という言葉で表現されるようになりました。

その後、「派手なメイクをする事」を「大げさにする事」という意味でも使われるようになりました。
そして「写真を加工する事」や「話を大げさにする事」も「盛る」という言葉で表現されるようになりました。

いくつか使用例をご紹介します。

1.話を大げさに話す
・あなたはいつも話を盛る
・話を盛る癖がある

2.メイクを派手にする
・あの子はメイクを盛りすぎ
・髪をもう少し盛ろうかな

3.写真の人物を加工してより美しくする
・この写真盛りすぎだよ
・あの子のInstagramの写真はいつも盛られている

さて今回は若者が作った新しい日本語スラング「盛る」をご紹介しました。
若者の間での使い方と一般的な使い方とでは大きく意味が異なりますので、意味を理解するのが難しく、使いこなすのは簡単ではないと思います。

若者が使う「盛る」は特殊な使い方なので、まずは一般的な意味の「盛る」から覚える事をお勧めします。

若者はどの時代でも新しい言葉を生み出していくので、今後もまた新しい言葉が生まれたらご紹介しますね。

スポンサーリンク