スポンサーリンク

Introduce all expression of “Mucha” whose changes according to prefecture!
都道府県別で表現が変わる「めっちゃ」を全部紹介!

Photo by George Kedenburg III on Unsplash

Well this time I will introduce Japanese “Meccha” whose English usage frequency is quite high.

“Meccha” has the same meaning as “very”, “extremely” and “excessively” in English.
The opportunity to use is the same as above English words.
However, the most important point to understand is that the way in which “Mucha” is said to change depending on the prefecture of Japan.

After explaining the etymology of “Meccha”, I will explain the expression in each prefecture.

First of all, although it is the etymology of “Meccha”, it seems that it is born from the word “無茶苦茶(muchakucha)”.

There are various opinions on the etymology of “無茶苦茶(muchakucha)”, I can not judge what is right.
Although I will introduce only one easy-to-understand thesis this time, I do not know whether it is a correct theory or not, so I think that you can read it for your reference.

The word “無茶苦茶(muchakucha)” seems to have been formed by coalescing “無茶(mucha)” meaning not providing tea to customers,and “苦茶(kucha)” meaning that tea is bitter.
It means that the act of not delivering tea or not delicious tea was called “insane act”.
Even in modern times, I use the word “無茶苦茶(muchakucha)”.
As a meaning, it is used in the meaning of “it is so wonderful that it exceeds common sense”.
The young man started using the word “無茶苦茶(muchakucha)”, and it turned into the word “Muccha”.
After that it seems that it changed to the word “Meccha”.

In such circumstances “Meccha” changed in the same meaning as “very” “extremely” “excessively”.

Next, I will describe the expression in each prefecture of “Meccha”.
Because there are quite a few numbers, I think that it is good to memorize only the expression of the place where you are going to visit or have plans to live at first.

Hokkaido “namara”
Aomori “tange” “wara”
Iwate “razumone”
Akita “shittage”
Yamagata “aukodama”
Miyagi “iginari”
Fukushima “bageeni”
Tokyo “beraboo”
Kanagawa “suggee”
Chiba “noohodo”
Saitama “ira”
Ibaraki “unto”
Tochigi “massaka”
Gunma “nakkara”
Shizuoka “ganko”
Aichi “dera”
Gifu “deeree”
Toyama “nanchuu”
Ishikawa “mande”
Fukui “hidde”
Nagano “eree”
Yamanashi “datara”
Niigata “googi”
Kyoto “Erou”
Osaka “Meccha”
Hyogo “Gessee”
Shiga “Erai”
Nara “Gottsuu”
Wakayama “yanikoo”
Mie ‘muccha’
Tottori “gaina”
Shimane “mageni”
Okayama “boggee”
Hiroshima “buchi”
Yamaguchi “buri”
Tokushima “gottsui”
Kagawa “monosugo”
Ehime “houtou”
Kochi “kojanto”
Fukuoka “Bari”
Saga “gaba”
Nagasaki “iji”
Kumamoto “taigya”
Oita “shinken”
Miyazaki “tege”
Kagoshima “wazzei”
Okinawa ground “deeji”

It is quite a lot.
I also knew only a few words.

In addition to this, “超(chou)”, “チョー(chou)” and “くそ(kuso)” used among young people have the same meaning as “Mecha”.

Well this time I introduced the word “Meccha” which has the same meaning as “very”, “extremely” and “excessively” in English.
Because the expression changes according to the prefecture, I think it is tough to remember everything.
Because expressions commonly understood throughout Japan are “pretty”, it is a good idea to remember this word as well.

Because the expression varies depending on who you are using, I think that if you can use it properly, the conversation with Japanese people will be smoother.

=====

さて今回は英語の使用頻度がかなり高い日本語「めっちゃ」をご紹介します。

「めっちゃ」は英語の「very」「extremely」「excessively」と同じ意味を持っています。
使用する機会も上記英単語と同じです。
ただし、もっとも理解しなければならない点は、日本の都道府県によって「めっちゃ」の言い方が変化するという点です。

「めっちゃ」の語源を說明した後に、各都道府県での表現をご説明しますね。

まず「めっちゃ」の語源ですが、「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」という言葉から生まれているそうです。

「無茶苦茶」の語源は諸説あり、何が正しいか判断できません。
今回は分かりやすい説を1つだけご紹介しますが、正しい説かどうかは分かりませんので、参考までに読んで頂ければと思います。

「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」という言葉は、お客さんにお茶すら提供しないとう意味の「無茶」と、お茶が苦いという意味の「苦茶」が合体してできたそうです。
お茶も出さない、お茶を出しても美味しくないといった行為を「非常識な行為」と呼んでいたという事ですね。
現代でも「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」という言葉は使います。
意味としては「常識を超える程すごい」といった意味で使われています。
その「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」という言葉を若者が使い始めて、「むっちゃ」という言葉に変化しました。
その後「めっちゃ」という言葉に変化していったようです。

このような経緯で「めっちゃ」は「very」「extremely」「excessively」と同じ意味に変化していったのですね。

次に「めっちゃ」の各都道府県での表現を記載します。
かなり数が多いので、観光で訪れたり、住む予定がある場所の表現だけ最初は覚えるといいと思います。

北海道「なまら」
青森「たんげ」「わや」
岩手「らずもね」
秋田「しったげ」
山形「すこだま」
宮城「いぎなり」
福島「ばげーに」
東京「べらぼー」
神奈川「すっげー」
千葉「のーほど」
埼玉「いら」
茨城「うんと」
栃木「まっさか」
群馬「なっから」
静岡「がんこ」
愛知「でら」
岐阜「でーれー」
富山「なんちゅう」
石川「まんで」
福井「ひっで」
長野「えれー」
山梨「だたら」
新潟「ごーぎ」
京都「えろー」
大阪「めっちゃ」
兵庫「がっせー」
滋賀「えらい」
奈良「ごっつー」
和歌山「やにこー」
三重「むっちゃ」
鳥取「がいな」
島根「まげに」
岡山「ぼっけえ」
広島「ぶち」
山口「ぶり」
徳島「ごっつい」
香川「ものすご」
愛媛「ほーとー」
高知「こじゃんと」
福岡「ばり」
佐賀「がば」
長崎「いじ」
熊本「たいぎゃ」
大分「しんけん」
宮崎「てげ」
鹿児島「わっぜー」
沖縄地「でーじ」

かなり多いですね。
日本人の私でも数個しか知りませんでした。

この他にも若者の間で使われている「超」「チョー」「くそ」も「めっちゃ」と同じ意味になります。

さて今回は英語の「very」「extremely」「excessively」と同じ意味を持つ言葉「めっちゃ」をご紹介しました。
都道府県によって表現が変わる言葉ですので、全部覚えると大変だと思います。
日本全国で共通して理解される表現は「かなり」ですので、この言葉も覚えておくと良いでしょう。

どこの誰に対して使うのかによって表現が異なりますので、使い分ける事ができれば日本人との会話もよりスムーズになると思います。

スポンサーリンク