スポンサーリンク

“Misuru” is useful word when you failed!
失敗した!と言いたい時に使える「ミスる」

Photo by Estée Janssens on Unsplash

This time I will introduce the Japanese slang “Misuru” which means “make mistake”.

“Misuru” is a language born as Japanese English rather than Japanese slang, it is a term that is very commonly used among men and women in their teens to their 40s.
I also used words from about 30 years ago, and I am still using it frequently in my workplace.

“Misuru” is an English word “miss” changed to “ミス(misu)”, and furthermore “ru” was added to the end as a verbalized word.
In other words, “Misuru” has the same meaning as “make mistake”.

Because it is Japanese derived from an English word, I think whether it is easy to memorize meaning even for overseas people.
Since the explanation of meaning is over with the above, this time we will tell you how to use “miss” in detail.

Since I think that it will become easy to use in practice if you know what kind of usage in what scene.

There are some phrases in “Misuru” so I will introduce you first.

▼ When myself fails (the following use example is a past words)
· Misutta
· Misu shite shimai mashita
· Misu ri mashita
· Misu shichai mashita

▼ When calling attention to the other party not to make a mistake
· Misu ra naiyouni
· Misu shicha damedayo
· Misu shinai youni
· Misunnayo

I think that you can notice that the characters attached to the end of “Misu” are changing to various forms such as “ru”, “ri”, “tta”, “suru”.

I frequently use “Misutta” when I failed and often use “Misu ra naiyouni” when I call attention to others.
Please be careful that you do not want the boss or business partner to use the word “Misutta”.
“Misuru” is a casual expression, so please only use it between friends and colleagues.

If you are using it for your manager or business partner, I think that it should be expressed as follows.

▼ When myself fails (the following use example is a past system)
· Mondai ga hassei shimashita(There was a problem)
· Misu wo okoshite shimaimashita(I made a mistake)

I do not think basically to prompt my superiors and business partners for attention, so I omit expressions that call attention.

Well this time I introduced Japanese English “Misuru” which means “make mistake”.
Especially young people say “Misutta” without saying “Shippaishita(failed)”, so I think that this word is quite usable.
I myself also use the word “Misuru” except for my boss and business partner, so I think that it is a user-friendly word for those planning to work in Japan.
I think that it is easy to understand meanings by words derived from English words, so I think that you can remember this opportunity.

=====

今回は「make mistake」の意味を持つ「ミスる」という日本語スラングをご紹介します。

「ミスる」は日本語スラングというより和製英語として生まれた言葉で、10代から40代の男女間で非常によく使われる言葉です。
私も30年前ぐらいからずっと使っている言葉で、今も職場でよく使っている言葉です。

「ミスる」は英語単語の「miss」がカタカナの「ミス」に変化し、更に「る」を語尾に付け動詞化した言葉です。
つまり「ミスる」とは、「make mistake」という英語と同じ意味になります。

英語単語から派生した日本語なので、海外の方でも意味を覚えやすいかと思います。
意味の說明は以上で終わりになってしまいますので、今回は「ミスる」の使い方を詳しくお伝えします。

どういう場面でどういう使い方をするのかを知れば、実際に使いやすくなると思いますので。

「ミスる」にはいくつか言い回しがありますのでまずはそちらをご紹介します。

▼自分が失敗した時(下記使用例は過去系です)
・ミスった
・ミスしてしまいました
・ミスりました
・ミスしちゃいました

▼ミスしないように相手に注意を促す時
・ミスらないように
・ミスしちゃだめだよ
・ミスしないように
・ミスんなよ

如何でしょうか?
「ミス」の語尾に付いている文字が、「る」「り」「った」「する」など色々な形に変化している事に気づけると思います。

私は自分が失敗した時は「ミスった」をよく使い、相手に注意を促す時は「ミスらないように」をよく使いますね。
気をつけて頂きたいのは、「ミスる」という言葉は上司やビジネスパートナーには使わないで頂きたいという事です。
「ミスる」はカジュアルな表現なので、友達や同僚の間でのみ使うようにしてくださいね。

もし上司やビジネスパートナーに対して使う場合は下記の様な表現にすると良いと思います。

▼自分が失敗した時(下記使用例は過去系です)
・問題が発生しました
・ミスを起こしてしまいました

上司やビジネスパートナーに注意を促す事は基本しないと思いますので、注意を促す表現は省略しますね。

さて今回は「make mistake」の意味を持つ「ミスる」という和製英語をご紹介しました。
特に若者は「失敗した」とは言わず「ミスった」と言いますので、この言葉はかなり使える言葉だと思います。
私自身も上司やビジネスパートナー以外には「ミスる」という言葉を使用しますので、日本で働く予定の方にも使い勝手のよい言葉かと思います。
英単語から派生した言葉で意味も理解しやすいと思いますので、是非この機会で覚えて頂ければと思います。