スポンサーリンク

The word “Azusu” which can convey gratitude feelings in casual expression.
感謝の気持ちをカジュアルな表現で伝える事ができる言葉「アザス」

Photo by Pro Church Media on Unsplash

This time I will introduce the Japanese slang “Azasu” born from “Arigatou(thank you)” to convey my gratitude.

I think that the word “Arigatou” is the word that foreigners studying Japanese remember to the first person.
“Arigatou” is a formal Japanese greeting expression, but some Japanese in their teens to 30s use “Azasu”.

“Azasu” is a much more casual expression compared to “Arigatou”, the degree of gratitude can be caught lower than “Arigatou” as a matter of gratitude.
However, in a conversation with a friend, there are many scenes that convey “Arigatou” in a casual expression, so “Azasu” is also a user friendly word.

There are various ways of saying “Azasu”.
There are various ways of saying, such as “Azas” and “Aaazasu”, so there is a way of saying that we can not say here.

Some people are too abbreviated and say “Zasu” is quite abundant.
The prototype of “Thank you” no longer exists.

But actually I also use “Zasu”.
Surprisingly “Zasu” is also common.
Moreover, I use it for my colleagues in my workplace.
As the generation that began using “Azasu” is getting older, it may be more general terms than “Thank you”.

But here one question was born.
In the first place what is the etymology of “Azasu”?
I was interested and tried to investigate.

A few years ago, a famous comedian started using this word a few years ago on television, and this word seems to be popular soon among young people.

I felt it was so if I told you so.
Memory gradually revived.
Since I was a college student at that time, I feel that my friend used “Azasu”.

Japanese young people tend to imitate the popular comedians and the words used by actors well, so if there are interesting words, everyone starts to use it at the school the next day.

“Azasu” of the present era is used as a more friendly expression than “thank you”.
When I say “Thank you” to my friends, I feel a bit stiff.

But please do not use “Azasu” except for good friends.
In some cases it will be quite rude expression.

I think that I get quite angry if I use it wrongly.
Perhaps it is said that you are “apologizing seriously!”

So basically it is safe to use “thank you”, after using a friend you better use “Azasu”.

Finally I will tell you the trick when I say “Azasu”.
The comedian who began using “Azasu” said loudly “Azaaaaaaasu!”.
So, even if you say “Azasu” in a loud voice, feelings are not transmitted either, and it is different from the way of using the original “Azasu”.

Depending on the magnitude of appreciation, it is good to tell your friends “Azasu!” In a loud voice when you really want to convey gratitude.

If you do so, I do not think foreigners are habitual to say “Thank you” loudly.
In Japan, when saying “thank you” is also easy to convey feeling of thanks when you say loudly.
This is also Japanese culture.

Well,this time I introduced Japanese slang “Azasu” born from “Arigatou”.
It is easy to remember, and it is a word that you use frequently in everyday life, so I think that you can use it when talking to Japanese people.

Thank you for your reading!
Azasu!

=====

今回は感謝の気持ちを伝える「ありがとう」から生まれた日本語スラング「アザス」をご紹介します。

「ありがとう」という言葉は、日本語を勉強している海外の人が最初の方に覚える言葉だと思います。
「ありがとう」が正式な日本語としての挨拶表現ですが、10代から30代の日本人の中には「アザス」を使う人もいます。

「アザス」は「ありがとう」と比べかなりカジュアルな表現になりますので、感謝の気持ちの度合いとしては「ありがとう」よりも低く捉えられる事があります。
しかし、友達とも会話ではカジュアルな表現で「ありがとう」を伝える場面は多いため、「アザス」は使い勝手が良い言葉でもあります。

「アザス」にはいろいろな言い方があります。
「アザス」や「アザース」など人によって色んな言い方があるので、ここでは言い切れないぐらいの言い方があります。

人によっては略しすぎて「ザス」と言う人も結構多いです。
もはや「ありがとう」の原型は無くなってしまっています。

でも実は私も「ザス」と使ってたりします。
意外と「ザス」も一般的なんです。
しかも職場の同僚とかに使ってたりします。
「アザス」を使い始めた世代が年を取ってきているので、もはや「ありがとう」よりも一般的な言葉になってきているのかもしれませんね。

でもここで1つ疑問が生まれました。
そもそも「アザス」の語源って何なのでしょうか?
気になったので調査してみました。

数年前に、ある有名なコメディアンが数年前にテレビでこの言葉を使い始めて、この言葉は若者の間ですぐに人気になったようです。

そう言われるとそうだった気がします。
徐々に記憶が蘇ってきました。
私も当時大学生だったので、友達が「アザス」を使っていた様な気がします。

日本の若者は人気のコメディアンや俳優が使った言葉をよく真似をする傾向があるので、面白い言葉があると次の日の学校では皆が使い始めます。

今の時代の「アザス」は、「ありがとう」よりもよりフレンドリーな表現として使われています。
友達に「ありがとう」と言うとちょっと堅苦しい感じがしてしまいます。

でも、仲の良い友人以外にはアザスを使わないでくださいね。
時と場合によってはかなり失礼な表現になるからです。

間違って使ってしまうとかなり怒られると思います。
たぶん「真剣に謝っているのか!」と言われるはずです。

ということで、基本的には「ありがとう」を使うのが無難で、友達と仲が良くなった後に「アザス」を使う方が良いでしょう。

最後に1つ「アザス」を言う時のコツを教えておきますね。
「アザス」を使い始めたコメディアンは大きな声で「アザース」と言っていました。
なので、小声で「アザス」と言っても気持ちも伝わらないし、本来の「アザス」の使い方とは違っています。

感謝の気持ちの大きさにもよりますが、本気で感謝を伝えたい時は大きな声で「アザーーーース!」と友達に伝えるのが良いです。

そういでば、外国人の方々には「Thank you」を大声で言う習慣は無い気がしますね。
日本では「ありがとう」と言う時も大声で言うと感謝の気持ちが伝わりやすいです。

さて今回は「ありがとう」から生まれた日本語スラング「アザス」をご紹介しました。
覚えるのも簡単ですし、日常でも頻繁に使う言葉ですので、ぜひ日本人と話す時に使って頂ければと思います。

最後まで読んでくれてアザス!