スポンサーリンク

The bait hides the hook! “Bottakuri” means ”japanese-rip-off”
上手い話には乗るな!高すぎる料金を請求される行為を意味する「ぼったくり」

Photo by Joe Yates on Unsplash

This time we will introduce a Japanese slang “Bottakuri” better to remember travelers from overseas.

There are shops that will charge you not only to Japan but to pay worldwide more than you anticipate, right?
Such actions and shops are said to be “Bottakuri” in Japan.

In English it means “rip-off”, so I think it is easy to remember.
However, unlike Japanese slang, it is mysterious pronunciation.
I think that pronunciation is difficult for people overseas.
If pronunciation is difficult, it is the same for even “too expensive”, so it is a good idea to use this.

When I travel abroad, I also have met something that fits.
Of course, there is something that fits well in Japan as well.
Tourists are not familiar with the city so it is easy to suffer damage.
But do not worry in Japan as it will not suffer damage unless you go to a suspicious shop.
Regulation has entered considerably compared to the past, so it is said that shops in icebreaks have decreased.

Although I do not want to use it much, I will explain the etymology of “Bottakuri”.

When I looked it up, there seems to be various opinions on “Bottakuri”.
I think that introducing multiple theories would confuse me, so this time I will introduce only one of them.

“Bottakuri” was originally a kanji “暴利 (bouri)”.
The word “暴利” is born that this “violence” became a verb.
In another word there is the word “手繰る(taguru)”.
“手繰る(taguru)” has the meaning of “attracting” and “depriving”, and it is said that “Boru” and “Taguru” are united and born is “Bottakuru”.
“Bottakuru” changed to a noun form and it became the word “Bottakuri”.

Even if I heard of the Japanese, it is difficult to understand the origin above.
To put it briefly, it would be nice to remember words born of the words “exorbitantly high expenses” and “forcibly taking” are combined.

Here are some examples of use.

· That shop is “Bottakuri”
· Price is too expensive. It is “Bottakuri”
· I have gone into this “Bottakuri” shop

Although the number of shops that have been restricted now is decreasing, it seems that there were a lot of shops in Tokyo a long time ago.
Because I am impatient, I will also introduce Japan’s rip-off tricks.

· People who invite to invite them to their shop (catch sales)
· A person recommending all you can drink at a cheap price (recommend all-you-can-drink)

“Catch sales” is prohibited in Tokyo.
So, if you are walking in the night entertainment district and trying to invite, that shop would not be better.

Well this time I introduced Japanese slang “Bottakuri” which means “rip-off”, but if possible I do not want to use Japanese slang.

If there are shops you want to visit if possible, it is good to check on the internet beforehand and check the safety before you go.

In Japan, the shop which is “Bottakuri” has decreased considerably, so it can be relieved compared to before, but a suspicious person who puts on words saying that it can be drunk at a cheap price in night’s entertainment district has a possibility of getting drowned, so never follows Let’s do.

Nonetheless, since the method of solicitation is becoming increasingly sophisticated year by year, please be careful to those who are talking a little bit better.

=====

今回は海外からの旅行者も覚えておいた方がよい日本語スラング「ぼったくり」をご紹介します。

日本だけではなく、世界中に想定以上に料金を支払うよう請求してくる店ありますよね?
そのような行為やお店の事を日本では「ぼったくり」と言います。

英語で言うと「rip-off」という意味ですので、覚えるのは簡単だと思います。
しかし、他に日本語スラングとは違い、不思議な発音ですよね。
海外の方には少し発音が難しいと思います。
もし発音が難しい場合は「高すぎる(too expensive)」でも同じ意味ですので、こちらを使うと良いでしょう。

私も海外に旅行した時に、ぼったくりに合った事があります。
もちろん日本でもぼったくりに合った事があります。
旅行客はその街の事をよく知らないので被害に合いやすいですよね。
でも日本には怪しいお店に行かない限りは被害に合う事はないのでご安心ください。
昔に比べてかなり規制が入ったので、ぼったくりのお店は減ったと言われています。

あまり使いたくはない言葉ですが、「ぼったくり」の語源を說明していきますね。

調べてみたところ、「ぼったくり」には諸説あるそうです。
複数の諸説をご紹介すると混乱してしまうと思いますので、今回はその中の1つだけご紹介しますね。

「ぼったくり」は元々「暴利(ぼうり)」という漢字でした。
この「暴利(ぼうり)」が動詞となり生まれたのが「ぼる」という言葉です。
これとは別の言葉で「手繰る(たぐる)」という言葉があります。
「手繰る(たぐる)」とは、「引き寄せる」「奪い取る」という意味があり、「ぼる」と「手繰る」が合体し生まれたのが「ぼったくる」と言われています。
「ぼったくる」が名詞形に変化して「ぼったくり」という言葉になりました。

日本人の私が聞いても上記の由来は理解する事が難しいです。
簡単に言うと、「法外的に高い費用」と「無理やり取る」という言葉が合体して生まれた言葉が「ぼったくり」と覚えるといいでしょう。

いくつか使用例をご紹介します。

・あの店ぼったくりだよ
・料金高すぎるよ。ぼったくりだよ
・この前ぼったくりの店に入ってしまったよ

今は規制されてぼったくりの店は減りましたが、昔東京にはたくさんぼったくりのお店があったそうです。
せっかくですので、日本のぼったくりの手口もご紹介しておきますね。

・自分の店に呼び入れようと誘ってくる人(catch sales)
・安い値段で飲み放題を勧めてくる人(recommend all-you-can-drink)

東京では「catch sales」は禁止されています。
ですので、もし夜の歓楽街を歩いていて呼び入れようとしてきたら、そのお店は行かない方が良いでしょう。

さて今回は「rip-off」という意味を持つ日本語スラング「ぼったくり」をご紹介しましたが、できれば使いたくない日本語スラングですね。

できれば行きたいお店がある場合は、事前にインターネットで調べて、安全を確認してから行くのが良いですね。

日本では「ぼったくり」の店はかなり減ったので以前に比べて安心できますが、夜の歓楽街で安い値段で飲めるといった言葉をかけてくる怪しい人はぼったくりの可能性があるので、決してついて行かないようにしましょう。