スポンサーリンク

Japanese slang “Hamaru” means “to go crazy” in English
「夢中になる」「やめられない」という意味も持つ「ハマる」

Photo by Courtney Prather on Unsplash

This time I will introduce a difficult Japanese slang “Hamaru(ハマる)” which has multiple meanings to one word.
The difficult part of “Hamaru” is that it has the meaning of both Japanese slang and formal Japanese.

It is similar to “ネタ” of Japanese slang introduced in another article.
I do not try to remember everything from the beginning, I think you better understand from the most useful meaning, gradually get used to it.

Well then I will explain from the meaning of “Hamaru(ハマる)”.

First of all, I will introduce from four meanings of “Hamaru(はまる)” which is formal Japanese.

1 What should be, it fits perfectly
An example
· That person is addicted to this job
· That actor is addicted to that role

2 It fits perfectly with frames and holes
An example
· This part fitted perfectly in that frame
· This ball is too big to fit in that frame

3 Holes and swamps will fall off and it will not come out
An example
· The car got stuck in the groove.
· He got into that swamp.

4 Takes a trap brought by others
An example
· I got stuck in the opponent’s trap.

It is hard to remember just the above.
The meaning that I commonly use everyday is “1”.
Because I am working, I often use the word “Hamaru(はまる)” when talking about whether members are suitable for the current position.
I will occasionally use “2”, but maybe I only use it when building furniture.

I hardly use “3” and “4”.
I will not do dangerous things that will fit in ponds and swamps, nor can I trap from others.haha

Did you understand the meaning of “Hamaru(はまる)”?

From here, I will explain “Hamaru(ハマる)” as a Japanese slang.

To put it briefly, “Hamaru(ハマる)” has the meaning of “getting hooked” or “can not stop” in English.
When used in a positive sense, it means “becoming crazy” or “getting enthusiastic”, meaning that if you use it in a negative sense it will “can’t stop being stopped.”

It is a subject to use “Hamaru(ハマる)”, but it is often used for hobbies, romance, meals, etc.
It is said that it is a word derived from “a state where you have entered the depth of a frame or hole and you can not escape from it” meaning of “Hamaru(はまる)” as formal Japanese.

Here are some examples of “Hamaru(ハマる)” specifications.
· I got stuck(ハマる) in that game
– That woman, I am addicted to(ハマる) that man
· I am addicted to(ハマる) eating ramen

As you can see from the example above, it is used for both enjoying hobbies, romance, meals, or when you want to escape from it or not.
There is also a word of change system “Hamarisugiru(ハマりすぎる)”, which means “too much” in English.

“Hamaru(ハマる)” as Japanese slang is used as a casual expression, so it is better not to use it when writing work or sentences.
You should only use it when talking to friends and colleagues or sending mails.

By the way, have you noticed that you are using different expressions of “Hamaru(はまる)” and “Hamaru(ハマる)” so far?
“Hamaru(はまる)” is a hiragana name, “Hamaru(ハマる)” is written in katakana.

The proper formal rules are ambiguous, but I use Hiragana’s “Hamaru(はまる)” when using it as formal Japanese, and “Hamaru(ハマる)” when using it as a Japanese slang.

By the way, I introduced about “Hamaru(はまる)” and “Hamaru(ハマる)” this time, but I think that it is hard to memorize a lot of meanings.
First of all, I think that it is better to remember from “Hamaru(ハマる)” as Japanese slang which is most frequently used.

Perhaps you are reading this article, maybe “a state of being addicted to studying Japanese”.
Please continue to study Japanese.

=====

今回は1つの言葉に複数の意味を持つ難しい日本語スラング「ハマる」をご紹介します。
「ハマる」の難しいところは、日本語スラングと正式な日本語の両方の意味を持つという点です。

別の記事でご紹介した日本語スラングの「ネタ」と似ていますね。
最初から全部覚えようとはせずに、あなたが最も使いそうな意味から理解して、徐々に使い慣れていく方が良いと思います。

それでは「ハマる」の意味から說明していきます。

まずは正式な日本語しての「はまる」が持つ4つの意味からご紹介します。

1 ものごとがあるべきところ、あるべきことにぴったり合う

・あの人はこの仕事にはまっている
・あの俳優はあの役にはまっている

2 枠や穴にぴったりと合う

・この部品はあの枠にぴったりとはまった
・このボールは大きすぎであの枠にははまらない

3 穴や沼などの深み落ちて抜けなくなってしまう

・車が溝にはまった。
・彼はあの沼にはまった。

4 他人のしかけた罠にかかる

・相手の罠にはまった。

上記だけでも覚えるのは大変ですね。
私が日常でよく使う意味は「1」です。
私は仕事をしているため、メンバーが現ポジションに適しているかどうかについて話す時には「はまる」という言葉をよく使います。
「2」もたまに使いますが、家具を組み立てている時ぐらいしか使っていないかもしれません。

「3」と「4」は殆ど使いませんね。
池や沼にはまるような危険な事はしないですし、他人から罠を仕掛けられる事もありません。

いかがでしょうか?
「はまる」の意味は理解できたでしょうか?

ここからは日本語スラングとしての「ハマる」を說明していきます。

簡単に言うと、「ハマる」は英語の「夢中になる」「やめられない」という意味も持っています。
ポジティブな意味で使うと「夢中になる」や「熱中する」という意味で、ネガティブな意味で使うと「やめられなくなる」という意味ですね。

「ハマる」を使う対象ですが、趣味、恋愛、食事などに使われる事が多いです。
正式な日本語としての「はまる」が持つ意味の「枠や穴の深みに入ってしまい、そこから抜け出せなくなった状態」から派生した言葉だと言われています。

「ハマる」の仕様例をいくつかご紹介します。
・あのゲームにはまったしまった
・あの女性、あの男性にはまっているよね
・ラーメンを食べる事にはまっている

上記の例から分かる通り、趣味、恋愛、食事を楽しんでいる場合や、もしくはそこから抜け出したくても抜け出せない場合の両方に対して使われています。
また、「はまりすぎる」という変化系の言葉もあり、こちらは英語でいう「too much」の意味になります。

日本語スラングとしての「ハマる」はカジュアルな表現として使われていますので、仕事や文章を書く時には使わない方が良いです。
友達や同僚と話す時やメールを送る時にのみ使った方が良いでしょう。

ところで、ここまでに「はまる」と「ハマる」の2通りの表現を使い分けている事に皆さんお気づきでしょうか?
「はまる」は平仮名で、「ハマる」はカタカナで記載しています。

使い分けの正式なルールは曖昧ですが、私は正式な日本語として使う場合は平仮名の「はまる」を使い、日本語スラングとして使う場合は「ハマる」を使っています。

さて今回は「はまる」と「ハマる」についてご紹介しましたが、意味が多くて覚えるのが大変だと思います。
まずは最も使用頻度が多い日本語スラングとしての「ハマる」から覚えていくのが良いかと思います。

この記事を読んでいるあなたは、もしかしたら「日本語の勉強にはまっている状態」かもしれませんね。
引き続き日本語の勉強頑張ってください!