スポンサーリンク

Beware if told at the negotiation of work! “No Gyara” meaning to work free!
仕事の交渉時に言われたら要注意!無償で働くという意味を持つ「ノーギャラ」

Photo by Vitaly on Unsplash

This time I will introduce Japanese slang born from Japanese English called “No Gyara”.

In English it will be “unpaid”.
The important thing is that it is not “unsalaried”.
The meaning is easy if you understand the difference firmly, so I think this Japanese slang is a relatively easy-to-remember language.

In order to understand “No Gyara” you need to understand the Japanese slang “Gyara”, so I will first explain the Japanese slang “Gyara”.

“Gyara” is Japanese English born from “guarantee” in English.
With the word “guarantee” as katakana, it changed to the word “guarantee” and further abbreviated to the word “Gyara”.

However, “guarantee” and “Gyara” have a slightly different meaning.
“Guarantee” has the meaning of “collateral” or “guarantee”, but “Gyara” is used only in the sense of “reward”.
Especially, it is a word used among entertainment industry and athletes.
Outside the entertainment world and athletes, there are not many things to be used everyday.

Why will “Gyara” be used only among entertainment and athletes?

When examining, it seems that there is a meaning different from “salary” which is commonly used, because “Gyara” has “meaning minimum guaranteed performance fee” and “contract money”.
Certainly, entertainers and athletes are paying money in the form of “minimum guaranteed performance fee” or “contract money” rather than “salary”, so it would be better to use the word “Gyara”.
Celebrities and athletes are more likely to be paid for contracts that have limited work or periods than fixed amounts are paid monthly.

Well, could you understand the meaning of “Gyara”?
Although it means “unpaid” in English, it means that there is no meaning of “unsalaried”.
It is a characteristic of Japanese slang that it changes from a meaning different from the meaning of English though it is a born word derived from English.
Perhaps this is the point where overseas people are making it difficult to understand Japanese slang.

Let’s explain Japanese slang “No Gyara” which is the main theme.

“No Gyara” is Japanese slang with “no guarantee” as katakana.
That means “There is no guarantee (minimum deposit)”.

I will show some examples of use.

· I undertook this work as “No Gyara”
· If you do not mind, can I ask “No Gyara”
· “No Gyara” So do not increase the number of work any more

As you can see from the example above, it seems that the word “No Gyara” is used in either “when you undertake work at no charge” or “when you are forced to work for free.”
It would be nice if you accepted self-punishment for free, but I do not want to say that “I will ask you in No Gyara” if possible.

Well, in addition to the Japanese slang “No Gyara” this time, we introduced the word “Gyara” together.
It might be a word that you plan to use when you work in Japan.
If you have the timing to say “How much can I get after finished this work?” In Japan, please tell me “How much Gyara can I get?”

If you can use the word “Gyara”, negotiations at work may be smooth.
I think that negotiation of “Gyara” is important, so I should remember it.

=====

今回は「ノーギャラ」という和製英語から生まれた日本語スラングをご紹介します。

英語で言うと「unpaid」になります。
重要なのは「unsalaried」では無いという事です。
違いをしっかり理解すれば意味は簡単ですので、今回の日本語スラングは比較的覚えやすい言葉だと思います。

「ノーギャラ」を理解するために「ギャラ」という日本語スラングを理解する必要がありますので、まずは「ギャラ」という日本語スラングを説明しますね。

「ギャラ」とは英語の「guarantee」から生まれた和製英語です。
「guarantee」をカタカナにして「ギャランティー」という言葉にして、更に略して「ギャラ」という言葉に変化しました。

しかし、「guarantee」と「ギャラ」は意味が少し違います。
「guarantee」には「担保」や「保証」という意味を持っていますが、「ギャラ」は「報酬」という意味でのみ使われています。
特に、芸能界やスポーツ選手の間で使われる言葉です。
芸能界やスポーツ選手以外では日常では使われる事はあまりありません。

なぜ芸能界やスポーツ選手の間でのみ「ギャラ」は使われるのでしょうか?

調べてみると、「ギャラ」には「最低保証出演料」や「契約金」といった意味もあり、一般的に使われている「給料」とは違う意味があるそうです。
確かに芸能人やスポーツ選手は「給料」というより「最低保証出演料」や「契約金」という形式でお金が支払われていますので、「ギャラ」という言葉を使った方が適切ですね。
芸能人やスポーツ選手は固定の金額を毎月支払われるというよりも、単発の仕事や期間を限定した契約に対してお金が支払われる形が多いですしね。

さて、「ギャラ」の意味は理解できたでしょうか?
英語で言うと「unpaid」という意味はありますが、「unsalaried」という意味は無いという事ですね。
英語から派生した生まれた言葉なのに、英語の意味とは違う意味に変化するというは日本語スラングの特徴ですね。
これが海外の方に日本語スラングを理解しにくくしているポイントなのかもしれませんね。

それでは本題である日本語スラング「ノーギャラ」について説明します。

「ノーギャラ」とは「no guarantee」をカタカナにした日本語スラングです。
つまり、「ギャラ(最低保証金)は無い」という意味ですね。

使用例をいくつか記載します。

・この仕事は「ノーギャラ」で引き受けました
・もしよければ「ノーギャラ」でお願いできないでしょうか
・「ノーギャラ」だからこれ以上仕事を増やさないで欲しい

上記の例から分かる通り、「無償で仕事を引き受けた場合」や「無理やり無償で働かされている場合」のどちらかで、「ノーギャラ」という言葉が使われているようです。
自罰的に無償で引き受けたなら良いですが、なるべく「ノーギャラでお願いします」という事は言われたくないですね。

さて、今回は「ノーギャラ」という日本語スラングに加えて「ギャラ」という言葉も一緒にご紹介しました。
あなたが日本で仕事をする際には使う予定がある言葉かもしれませんね。
もしあなたが日本で「How much can I get after finished this work?」と言うタイミングがあるならば、「ギャラはいくらもらえますか?」と伝えてみて下さい。

「ギャラ」という言葉が使えると仕事での交渉がスムーズになるかもしれません。
「ギャラ」の交渉は大事なので是非覚えて頂ければと思います。