スポンサーリンク

Unusual Japanese slang “Disuru” whici is changed from english slang “diss”
英語「diss」がそのまま日本語スラングへ変化した珍しい言葉「ディスる」

Photo by Søren Astrup Jørgensen on Unsplash

This time we will introduce the unusual word “Disuru” that English slang changed to Japanese slang as it is.

I think this Japanese slang is very easy to remember for those who can speak English.

“Disuru” is a word derived from the English slang “diss”.

In Japanese it is changed to a verb if you add “ru” to the end of the word, so “dis” was added to “diss” of “disrespect” meaning “rude” “disdain”, and it became “Disuru”.

As you know, “diss” seems to be a slang made by American hip-hop musicians and rappers.
It seems to have spread from the criticism of other musicians in the lyrics of the songs that I sing.

To be honest, I did not know the etymology.
Probably, I think most Japanese do not know the origin of “diss”.
For the first time, I learned “Disuru” was a Japanese Internet bulletin board and video site, mainly used on the Internet.
When it comes to trendy words on the Internet, it will be used frequently when young people speak face to face, and they will spread as common words.

It is used in Japan meaning “to denke or deny people” like English.

What is different from English is that meaning changes slightly by changing the letters attached to the endings.
Some examples of use are described.

・ディスる
・Disuru
・Distta
・Disrareta

In addition to “Disuru”, the notation is written as “dis” on Internet bulletin boards and movie sites.

It is “diss” in English, but it becomes “dis” in Japanese, so be careful.
I did not understand whether the Japanese mistakenly wrote “dis” or dare to write “dis”, but I feel like I mistook it.

And I did not know it, but “diss” seems to be a slang in English that was popular more than 15 years ago.

I am surprised to hear from it from overseas that I am using it in Japan now.

I also investigated why it is in trend now.
It is said that the use of the word “Disuru” by Japan’s rapper “練 MOTHA FUCKERZ” in the TV program in 2005 became a trigger for the epidemic.
In addition to “練 MOTHA FUCKERZ”, words such as “Ok maaaaaan” were also popular.

From the Japanese, American slang was shocking and young people wanted to use it, soon became a buzzword.
It is surprising that social network service has spread in a moment in times when it is still underdeveloped.
I can not imagine the phenomenon that young people in Japan began to use it under the influence of TV programs.

Well, this time I introduced a rare word “Disuru” that English slang changed to Japanese slang as it is.
“Disuru” is a word derived from the English slang “diss”.

“Disuru” is a Japanese slang that is hard to be transmitted to Japanese people over 40s,

=====

今回は英語スラングがそのまま日本語スラングへ変化した珍しい言葉「ディスる」をご紹介します。

この日本語スラングは英語を話せる方には非常に覚えやすいと思います。

「ディスる」は英語のスラング「diss」から派生した言葉です。

日本語では語尾に「る」を付けると動詞に変化しますので、「無礼」「軽蔑」という意味の「disrespect」の「diss」に「る」を付けて「ディスる」となりました。

ご存じの方は多いと思いますが、「diss」はアメリカのヒップホップ系のミュージシャンやラッパーが作ったスラングだそうです。
自分が歌う曲の歌詞の中で他のミュージシャンを批判したりすることから広まった言葉だそうです。

正直、私は語源を知りませんでした。
恐らく、殆どの日本人は「diss」の語源を知らないのではないかと思います。
私が初めて「ディスる」を知ったのは、日本のインターネット掲示板や動画サイトで、主にインターネットで使われる言葉でした。
インターネットで流行の言葉になると、若者が対面で話す時に頻繁に使うようになり、そして一般的な言葉として広まっていきます。

日本でも英語と同じように「人をけなす or 否定する」という意味で使われています。

英語と違うのは、語尾に付ける文字を変えることで意味が若干変化する事です。
いくつか使用例を記載します。

・ディスる
・ディスった
・ディスられた

基本的にはネガティブな言葉ですが、下記の様なシーンではジョークでも使える言葉です。
・この前彼女に文句言われたんだよね
・お前ディスられたの? haha

分かりやすい例が思い浮かばなかったのですが、自虐的な意味で使うと笑いが起きる場合もあります。
こういうニュアンスは記事で伝えるのは難しいですね。
私も文章作成能力をもっと上げないと行けないですね。haha

表記は「ディスる」以外にも、インターネット掲示板や動画サイトでは「disる」と書かれたりします。

英語では「diss」ですが、日本語で「dis」になるのでご注意を。
日本人が間違えて「dis」と書いているのか、敢えて「dis」と書いているのか分かりませんでしたが、間違えて使っている感じがしますね。

そして私も知らなかったのですが、「diss」は15年以上も前に流行った英語のスラングだそうですね。

それを今更日本で使っているというのは海外の方からすると驚いてしまいますね。

なぜいまさら流行っているのかも調べました。
2005年にあるテレビ番組で「練MOTHA FUCKERZ」という日本のラッパーが「ディスる」という言葉を使ったのが流行のきっかけになったと言われています。
「練MOTHA FUCKERZ」は他にも 「メーン」 などの言葉も流行らせました。

日本人からするとアメリカのスラングは衝撃的で若者が使いたくなり、すぐに流行語となりました。
ソーシャルネットワークサービスがまだ未発達の時代に一瞬で広まったとは驚きですよね。
日本中の若者がテレビ番組の影響を受けて使い始めたという現象は今では考えられないですね。

さて、今回は英語スラングがそのまま日本語スラングへ変化した珍しい言葉「ディスる」をご紹介しました。
英語のスラング「diss」から派生した言葉なので、海外の方でも理解し易い言葉だったかと思います。

しかし、「ディスる」は40代以上の日本人には伝わりづらい日本語スラングですので、もしあなたが使う場合は若者に対して使って頂ければと思います。