スポンサーリンク

Which is correct Japanese slang “Sumaho” or “Sumafo”?
スマートフォンを日本語スラングで言うと「スマホ」or「スマフォ」?

Photo by Oliur Rahman on Unsplash

A Sumaho (or Sumafo) is an abbreviation for a smartphone that points to an IPhone or Android phone.

Even Japanese people rarely know why smartphones are now called Sumaho.

So I tried to search it.

As a result of my research, it turned out that it was etymology that began to be used in the magazine “Weekly ASCII” around 2007.

Weekly ASCII is an information magazine handling information on PCs and digital equipment.

It seems that the editor is quite troubled with which one of “Sumaho” or “Sumafo” is better.

It seems that it was decided to be “Sumaho” because it is short with three letters and easy to say.

However, there seems to be some magazines that recommended the phrase “Sumafo”, and as a result two of them seem to remain in this era, “Sumaho” and “Sumafo”.

Everyday I use the word “Sumaho”, but I did not even know that there was such a background.

Perhaps 99% of the Japanese do not know, not just me. I think.

There are not many people who use “Sumafo” in this era and most people use “Sumaho”.

From an overseas viewpoint, I think that it is almost like saying “IPhone” or “Android” model name or “smartphone” and device name, so when you came to Japan,everyone said “smart” I think that I do not know what you are saying.

In Japan, “Android” of “IPhone” is also comprehensively used with the word “Sumaho”, so it is sufficient to know even the word “Sumaho”.

However, since Japanese young people use a lot of “SUmaho” applications, it is even better if they also know the Japanese popular applications.
Not only applications used around the world such as Facebook, Twitter, Instagram, but also chat applications used in Asia called LINE are often used in Japan.

“Sumaho” has become an important item so that you can get along with your friends, so be sure to remember this Japanese slang.

=====

スマホ(orスマフォ)とは、IPhoneやAndroidの電話を指すスマートフォンの略語です。

日本人でも、なぜスマートフォンがスマホと呼ばれるようになったのか知る人は殆どいません。

なので私の方で調べてみました。

調べた結果、2007年頃「週刊アスキー」という雑誌で使われ始めたのが語源という事が分かりました。

週刊アスキーとは、PCやデジタル機器の情報を取り扱っている情報雑誌です。

編集者の方が「スマホ」or「スマフォ」のどっちが良いかで結構悩んだそうです。

三文字で短く且つ言いやすいという事で「スマホ」に決定されたそうです。

しかし、「スマフォ」という言い方を推薦していた雑誌もあるらしく、結果的に「スマホ」と「スマフォ」に2つが今の時代に残っているようです。

なるほど。
日頃から「スマホ」という言葉を使っていますが、こんな経緯があったとは私も知りませんでした。

恐らく私だけではなく、日本人の99%が知らないのでは?と思います。

今の時代で「スマフォ」を使う人はあまりいなく、殆どの人は「スマホ」を使います。

海外の方から見ると、「IPhone」や「Android」と機種名を言うか、「スマートフォン」とデバイス名を言う事が殆どだと思いますので、日本に来た時に皆が「スマホ」と言っているのを聞くと、何のことを言っているか分からないかと思います。

日本では「IPhone」の「Android」も「スマホ」という言葉で包括して使うので、「スマホ」という言葉さえ知ってれば十分です。

ただし、日本人の若者は「スマホ」のアプリをたくさん使うので、日本人がよく使うアプリも知っているとなお良いです。
Facebook、Twitter、Instagramなど世界中で使われているアプリはもちろん、LINEというアジアで使われているチャットアプリなども日本ではよく使われています。

友達と仲良くなるために「スマホ」は重要なアイテムになっているので、この日本語スラングは確実に覚えておきましょう。