スポンサーリンク

Etymology is Japanese card game “Hanafuda”. Japanese slang “Shikato” means “Ignore”
語源は日本のカードゲーム「花札」。「無視する」の日本語スラング「シカト」

Photo by Paola Chaaya on Unsplash

This time I will introduce a little old Japanese slang “Shikato”.

First of all, I will describe English with similar meanings so that the meaning is easy to understand.
· To ignore somebody
· To leave somebody out

As you know,when young people say “to ignore” it becomes the word “Shikato”

“Shikato” is a Japanese slang that means “to ignore”.
Basically it is a word that only young people use, but some people use even men and women in 30s.
The words that started to be used since the Showa period in Japan will be a little old Japanese slang, but the young people today are the words they are using everyday.

There is also a Japanese slang called “Through” with a word meaning “to ignore”.
Rather,”through” is more commonly used in modern times.

“Through” is a Japanese slang derived from “through” in English, and it is used when pointing to a state where there is no reaction (a state where it passes through) although it talked to.

I will show an example of how to use it.

▼ “Shikato”
· Shikato shinaide (use it when ignored)
· Shikato kayo! haha (I spoke to you, but the other party was not heard)
· Shikato shiyou (says to a friend when spoken to by a strange person)

▼ “Through”
· Through kayo! (I took a joked but when I was taken away)
· Meccha through sareteru (I emailed but there is no reply)
· Through shitokouze(when you ignore the problem)

“Shikato” and “Through” are effective when they say jokes and are ignored.
However, in other situations it will be a word that gives a negative impression.
I think that it is better to use it when it is ignored than using it myself.

Aside from that, I also mention a little in the etymology of “Shikato”.
“Shikato” seems to be an abbreviated word for “Japanese tapestry (ten deers)”, a traditional Japanese card game “Hanafuda”.
The picture card of “ten deers” was a pattern that the deer ignored, so it seems that it came to say that “to ignore” derived from it .
While that “Tatara” is being used, the bad boys in the 1980s began to say “Shikato” and it seems they have come to shape now.

I see. I did not know this either.
There are many words used without knowing the etymology.
I think that most Japanese do not know that “Shikato” derives from “a picture of deer”.

If you tell the Japanese people the origin of “Shikato”, you definitely think the Japanese will be surprised. haha

=====

今回は少し古めの日本語スラング「シカト」をご紹介します。

まずは意味が分かりやすいように似た意味を持つ英語を記載します。
・to ignore somebody
・to leave somebody out

お分かりの通り、「シカト」とは「無視する」という意味を持つ日本語スラングです。
基本的には若者しか使わない言葉ですが、30代の男女でも使う人はいます。
日本の昭和時代から使われ始めた言葉で少し古い日本語スラングになりますが、今の若者は日常的に使っている言葉です。

「無視する」という意味を持つ言葉で「スルー」という日本語スラングもあります。
どちらかと言うと、「スルー」の方が現代ではよく使われている言葉です。

「スルー」は英語の「through」から派生した日本語スラングで、話しかけたにも関わらず反応が無い状態(通過してしまう状態)を指す時に使います。

使い方の例を記載しますね。

▼「シカト」
・シカトしないで(無視された時に使います)
・あれ、シカト?haha(話しかけたが相手が聞こえていない時)
・シカトしよう(変な人に話しかけられた時に友達に言う)

▼「スルー」
・スルーかよ!(ジョークを言ったけど受け流された時)
・めっちゃスルーされてる(メールしたけど返信がない時)
・スルーしとこうぜ(問題を無視する時)

「シカト」や「スルー」はジョークを言って無視された時に使うと効果的です。
しかしそれ以外のシチュエーションの時はネガティブな印象を与える言葉になります。
自分から使うというより、無視された時に使うのが良い使い方だと思います。

余談ですが、「シカト」の語源にも少しだけ記載しておきますね。
「シカト」は、日本の伝統的なカードゲームである「花札」の絵柄「しかのとお(ten deers)」が略された言葉だそうです。
「しかのとお(ten deers)」の絵札は、鹿が無視しているような絵柄だったため、そこから派生して「無視する事」を「しかのとお」と言うようになったそうです。
その「しかのとお」が使われていく内に、1980年代の不良少年達が「シカト」と言い始めて、今の形になったそうです。

なるほど。これは私も知りませんでした。
語源を知らずに使っている言葉って多いですよね。
「シカト」が「鹿の絵」から由来しているという事は、殆どの日本人が知らないと思います。

もしあなたが日本人に「シカト」の由来を伝えると、間違いなく日本人はびっくりすると思いますよ。haha