スポンサーリンク

“Saasen” which is a mysterious Japanese slang which seems not to apologize although apologizing?
謝っているのに謝っていないと思われる不思議な日本語スラング「サーセン」

Photo by Ezra Jeffrey on Unsplash

This time, we will introduce ‘Saasen’ which is a mysterious Japanese slang which seems not to apologize although apologizing.

First official Japanese is “Suimasen(I’m sorry)”.
However, this “sorry” sound depends on who uses it.

Especially, part-time workers such as sports-related people and taverns have been using it about 20 years ago.
But strangely enough, as they are seriously apologizing, the side to be apologized sounds not to apologize seriously, so to be used in the Internet bulletin board as a word used in screaming apologize scenes became.

The meaning of “Saasen” is the same as “I’m sorry”.
However, the meaning of “joked nuance” is a stronger term than “Suimasen”,and it is also a dangerous Japanese slang that makes you angry when you use it when you apologize seriously.

Therefore, some people using the Internet bulletin board in Japan use “Saasen” when provoking people.

There are various variations in “Sirsen” so I will introduce some of them.
A sentence
· Sasen
· Sassen
· Saaseen
· Saasen deshita

The way of saying is similar to “Asasu” introduced in another article.

I mentioned it at the beginning, but as a meaning it is exactly the same as “Suimasen”.
However, as a feeling of apology, it seems to be considerably lower than “Suimasen”, so it is better to use Japanese slang when I apologize seriously.
Please do not use it absolutely especially when apologizing on work or apologizing to a superior person.
It is just good to use when apologizing for mistakes that can be done with laughter with good friends.

Aside from that, apart from saying “Suimasen” there is also the word “Gomen” in the word of apology.
When apologizing to a friend, we use “Gomen” as the basis and I do not use “Suimasen” almost.
“Suimasen” is a word that feels stiff, so those who have been apologized are too apologized and troubled.
I think that it would be better to use “Gomen” when apologizing to friends.

As an aside, there was a time when “sorry” was temporarily used in Japanese slang called “Mengo” at a time called Japanese bubble era.
I do not use “Mengo” anymore, but comedians occasionally use it as a joke.
It is fun to use the outdated Japanese slang.

Moreover, the word of an apology that can be used at work is “Moushiwakegozaimasen”.
This is the word that the feeling of apology gives the most.
Japanese are bad Things that business partners use “Moushiwakegozaimasen” despite being designated, so from the perspective of foreigners it is likely to think that “why did you apologize?”
Especially in mail, “Moushiwakegozaimasen” is used a lot.

Well, I introduced various words of apologies, but I will list the summary at the end.
· When you apologize to a friend, basically use “Gomen”
· If you can do it with laughter, it is OK even if you use “Saasen”
· Since ‘Saasen’ is a word that does not convey the feeling of apology, let’s stop using it other than friends
· At work, let’s use “Moushiwakegozaimasen”

see you!

=====

今回は、謝っているのに謝っていないと思われる不思議な日本語スラングである「サーセン」をご紹介します。

まず正式な日本語は「すいません」です。
しかし、この「すいません」は使う人によって発音が異なります。

特に、体育会系の人や居酒屋などのアルバイト店員が20年前ぐらいから使っています。
しかし不思議な事に、本人たちは真剣に謝っているのに関わらず、謝られる側は真剣に謝っていないように聞こえるため、ふざけて謝るシーンで使われる言葉としてインターネット掲示板で使われれるようになりました。

「サーセン」の意味は、「すいません」と同じです。
しかし「すいません」よりも「ふざけたニュアンス」の意味が強い言葉であり、真剣に謝る時に使うと逆に怒らせてしまう危険な日本語スラングでもあります。

そのため、日本のインターネット掲示板を使う人の中には、人を挑発する時に「サーセン」を使う人もいます。

「サーセン」には色々なバリエーションがあるのでいくつかご紹介します。
・させん
・さっせん
・さーせーん
・さーせんでした

別の記事でご紹介している「あざす」に言い方が似ていますね。

冒頭にも記載しましたが、意味としては「すいません」と全く同じです。
しかし、謝罪の気持ちとしては「すいません」よりかなり低く思われるため、真剣に謝る時には使わない方がよい日本語スラングです。
特に仕事上での謝罪や目上の人への謝罪の時には絶対使わないでくださいね。
仲の良い友達同士で笑いで済ませる事ができるミスを謝る時に使うぐらいがちょうど良いです。

余談ですが、謝罪の言葉には「すいません」の他に「ごめん」という言葉もあります。
友達に謝る時は基本は「ごめん」を使い、「すいません」は殆ど使いません。
「すいません」は堅苦しい感じがする言葉なので、謝られた方も謝られ過ぎで困ってしまいます。
友達に謝る時は「ごめん」を使った方が良いと思います。

余談ですが、「ごめん」は日本のバブル時代と呼ばれる時期に一時的に「めんご」という日本語スラングで使われていた時代がありました。
「めんご」は今はもう使いませんが、ジョークとしてたまにコメディアンが使ったりします。
時代遅れの日本語スラングを使うと面白いんです。

また、仕事で使える謝罪の言葉は「申し訳ございません」です。
謝罪の気持ちが最も伝える言葉がこれになります。
日本人は悪い事指定内のにも関わらずビジネスパートナーに「申し訳ございません」を使う事が多いので、外国人の方から見ると「なんで謝った?」と思う事が多いかもしれません。
特にメールでは「申し訳ございません」がたくさん使われています。

さて、色々な謝罪の言葉をご紹介しましたが最後にまとめを記載します。
・友達に謝る時は基本的には「ごめん」を使いましょう
・笑いで済ませる事ができる場合は、「サーセン」を使ってもOKです
・「サーセン」は謝罪の気持ちが伝わらない言葉なので、友達以外に使うのは止めましょう
・仕事では「申し訳ございません」を使いましょう

ではまた!