スポンサーリンク

Be careful if you are said “KY”.it’s unique word in Japanese people who care about others too much
もし言われたら気をつけて!他人に気を使う日本人ならではの言葉「KY」

Photo by Gabriel Matula on Unsplash



This time, I would like to introduce the Japanese slang “KY” nominated for the buzzword award of 2007.

The word “KY” is made by combining the initial letters “K” and “Y” which made Romaji “Kuuki” and “Yomenai”.

The meaning is similar so that the meaning is easy to understand. It is “can not read between the lines” when expressed in English.

“Can not read” is “Yomenai”, “between the lines” is “Kuuki”.

In order to understand the meaning of “KY”, you first need to understand Japanese slang “Kuuki ga Yomenai”.

“Kuuki ga Yomenai” means a person, behavior, state that can not observe the atmosphere or situation of the place.

Because Japanese respect the remarks of others, there is a tendency for Japanese people to dislike remarks that they do not respect.
“Kuuki ga Yomenai” is unique expression of Japan, which often requires reading between tha lines.

From a foreigner’s perspective, I think that it is a very uncomfortable language.

On the contrary, the word “Kuuki ga Yomeru(can read between the lines)” will mean to distinguish other people’s feelings, read the talk of the conversation on the spot, and make appropriate remarks.

Let’s see the history of “Kuuki ga Yomenai”.

Female high school students started using the word “Kuuki ga Yomenai” around 2007.
As with other Japanese slangs, school girls in Japan are becoming a source of popularity.

Also, at the same time, “Abbreviated words” was also popular.
“Abbreviations” is to use the initials of the words and to use words in a shortened form.

The two epidemics occurred at the same time, school girls highlighted the word “Kuuki ga Yomenai” as an abbreviation “KY”, and began to use it for face to face or e-mail exchanges.

After that “KY” began to be used even on TV programs, and it became a fashionable word at a stretch afterwards.

However, there are still people still using “KY”, but it is becoming a bit too outdated.
It is not “KY” now, it is often used as it is “Kuuki ga Yomenai” which is the word before being abbreviated.
Fashionable words and phrases often become old-fashioned old words.
It is said that it is becoming “Owakon” of Japanese slang which we reported in another article.

There is a tendency to use negative words “Kuuki ga Yomenai” more often than “Kuuki ga Yomeru”.
Japanese people think that they are too sensitive to “reading between the lines”, but in modern Japan, reading the air is a very important skill in communication. .

It is often said that Japanese overuse other people, but if you speak it well, it is probably a good place for Japanese people.

Well, this time I talked about “KY” and “I can not read the air”, but I think that it is Japanese slang which is not used much for overseas people.
But, since Japanese are frequently used words, if there is a person using this Japanese slang around, I think that it would be good if you think that it is better to match the people around you I will.

=====

今回は、2007年の流行語大賞にノミネートされた日本語スラング「KY」を紹介したいと思います。

「KY」という言葉は「空気」と「読めない」をローマ字にしたそれぞれの頭文字の「K」と「Y」を組み合わせて作られています。

意味が分かりやすいように意味が似ている英語で表現すると「can’t read between the lines」です。

「can’t read」が「読めない」で、「between the lines」が「空気」という事になりますね。

「KY」の意味を理解するためにはまずは「空気が読めない」という日本語スラングを理解する必要があります。

「空気が読めない」は、その場所の雰囲気や状況を観察できない人や行動、状態を意味します。

日本人は周りの人の発言を尊重するので、尊重していない発言が嫌われる傾向があります。
「空気が読めない」は場の空気を読み、物事を察することが求められることの多い日本ならではのこの表現ですね。

外国人から見ると、とても違和感のある言葉だとは思います。

逆に「空気が読める」という言葉は、他人の気持ちを察したり、その場の会話の流れを読んで適切な発言をしたりする事になりますね。

では「空気が読めない」の歴史を見ていきましょう。

2007年前後、女子高生が「空気を読む」という言葉を使い始めました。
他の日本語スラングもそうですが、日本の女子高生は流行の発信源になってますね。

また、ちょうど同じ時期に、「略し言葉」というのも流行っていました。
「略し言葉」とはその言葉の頭文字を使って、言葉を短縮した形で使う事です。

その2つの流行が同時期に発生し、女子高生がは「空気を読む」という言葉を「KY」という略語にして、対面やメールでのやり取りに使い始めました。

その後「KY」はテレビ番組でも使用され始め、その後一気に流行りの言葉になりました。

しかし、今でも「KY」を使う人はいますが、ちょっと時代遅れの言葉にもなってきています。
今では「KY」では無く、略される前の言葉である、「空気を読めない」とそのまま使われている事が多いです。
流行りの言葉やフレーズはよく時代遅れの古い言葉になっていきます。
別の記事でお伝えした日本語スラングの「オワコン」になっているという事ですね。

「空気が読める」よりも「空気が読めない」というネガティブな言葉の方がよく使われる傾向があります。
日本人は「空気を読む」事に敏感すぎるかと思いますが、現代日本では、空気を読む事はコミュニケーションにおいて非常に重要なスキルになっています。。

日本人は他人を気を使いすぎとよく言われますが、良く言えば日本人の良い所であるのでしょう。

さて、今回は「KY」と「空気が読めない」について說明しましたが、海外の方にとってはあまり使わない日本語スラングかと思います。
でも、日本人はよく使う言葉なので、もし周りでこの日本語スラングを使っている人がいれば、「少し周りの人の発言に合わせた方が良いというサイン」と思って頂けると良いと思います。