スポンサーリンク

When speaking with young people is essential Japanese slang “Kimoi” What?
若者と話す時には必須の日本語スラング「キモい」とは?

Photo by Andre Hunter on Unsplash

Who can speak English occasionally use the words “Gross” “Ewww” “Yuck!” “Get away”?
Perhaps there are many people who use such words on a daily basis.

This time we will introduce Japanese Slang which means “Gross” “Ewww” “Yuck!” “Get away”.

That Japanese slang is “Kimoi”.
Because this Japanese slang is used on a daily basis, it will not be damaged if you remember it.

“Kimoi” is a word frequently used by young people in Japan, which is short for “bad feelings”.
But there are things other than “feeling bad” as a meaning, there are also words that you feel free to use in a similar sense as “go away” “get out” when you want you to disappear from yourself soon.

In the early days when “Kimoi” began to be used, only young people used it, but now it is a word that other than young people also uses, which is a commonly used word.
However, there are many methods that are used at a slight degree rather than the original “disgusting” and are used on a daily basis.

Basically it is used when expressing a negative way, but how it is used in a mild degree of this “bad feeling” develops, “Kimo” is sometimes used as a positive meaning .

It is a difficult point of common Japanese slang.

Let’s start with an example.

· You kimoi haha ​​(after having said the joke)
· That player is kimoi(awesome).
· This food is kimoi(tasty)

As you can see, this “Kimoi” is not used to make negative expressions.
It is difficult to understand how “Kimo” is used in this case.
In terms of English it is somewhat easier to understand if you say how to use “very” meaning.

I can not understand why the word originally meaning “bad” comes to mean “very”.

Well it is a phenomenon common in Japanese slang.
Most people do not understand the meaning and use Japanese slang.

I think that “Kimoi” should be remembered as “Japanese slang” meaning “Gross” “Ewww” “Yuck!” And “very” meaning.

“Kimoi” is not easy to master, but it is a word that you listen frequently on a daily basis.

Basically it is a Japanese slang with a strong negative meaning, so it would be safer if you could use it after you got accustomed to how to use this word if possible.

If you use it without understanding the meaning, there is also possibility of becoming a fight.

Well, this time I talked about Japanese slang “Kimoi”, but it is very difficult to use.

Finally I will tell you how to use it.

It is a positive meaning if you say “Kimoi” while laughing, and if you say “fun” while being angry, it means a negative meaning.

It may be good not only to use words, but also conscious of facial expressions.

see you!

=====

英語を話せる方はたまに「Gross」「Ewww」「Yuck!」「get away」という言葉を使いますか?
もしかしたら日常的にこのような言葉と使っている方も多いかもしれません。

今回は「Gross」「Ewww」「Yuck!」「get away」という意味を持つ日本語スラングをご紹介します。

その日本語スラングは「キモい」です。
この日本語スラングは日常的に使いますので、覚えておいて損はないでしょう。

「キモイ」は特に日本の若者がよく使う言葉で、「気持ち悪い」を略した言葉です。
しかし意味としては「気持ち悪い」以外もあり、早く自分の前から消えてほしい時「あっち行け」「失せろ」と似たような感覚で気軽に用いられる言葉でもあります。

「キモい」が使われ始めた最初の頃は若者だけが使っていましたが、現在では若者以外も使う言葉で、一般的に使われる言葉となりました。
しかし、本来の「気持ち悪い」よりは軽い度合いで日常的に使われています。

基本的には否定的な方法を表現するときに使用されますが、この「気持ち悪い」の軽い度合いで使われ方が発展して、「キモい」はポジティブな意味としても使われる事があります。

よくある日本語スラングの難しいポイントです。

まずは例から見ていきましょう。

・お前キモいよ haha(ジョークを言った後)
・あの選手キモいぐらいすごいね
・この食事キモいぐらい美味しい

お分かりの様に、この「キモい」はネガティブな表現をするのに使われていません。
この場合での「キモい」の使われ方は、理解するのが難しいですね。
英語で言うと「very」の意味と似た使われ方と言うと、少し分かりやすいかもですね。

本来「気持ち悪い」という意味を持つ言葉がなぜ「very」という意味を持つようになったかは、私も理解できません。

まぁ日本語スラングによくある現象ですね。
大抵の人は意味を理解せずに日本語スラングを使っています。

「キモい」は「Gross」「Ewww」「Yuck!」という意味と、「very」という意味を持つ日本語スラングと覚えておけばいいと思います。

「キモい」は使いこなすのは簡単ではないですが日常的によく聞く言葉です。

基本的にはネガティブな意味が強い日本語スラングですので、できればこの言葉の使い方に慣れてから使った方が安全でしょう。

意味を理解せずに使うと、喧嘩になってしまい可能性もあります。

さて、今回は「キモい」という日本語スラングを說明しましたが、非常に使い方が難しい言葉です。

最後に使い方のコツをお伝えしますね。

笑いながら「キモい」と言えばポジティブな意味になり、怒りながら「キモい」と言えば、ネガティブな意味になります。

言葉だけではなく、表情も意識して使うといいかもしれませんね。

ではまた!