スポンサーリンク

Convenience! The word “Kaosu” that can be used to explain a messy condition!
超便利!メチャクチャな状態を説明する際に使える言葉「カオス」

Photo by Ricardo Viana on Unsplash

Well, this time let’s look at Japanese slang called “Kaosu”.

First of all, because it is a Japanese slang similar to English “Chaos”, I think that you can easily understand the meaning.

Let’s start with the meaning of “Kaosu” as usual.
“Kaosu” was born as an Internet slang by words expressing the meaning of disorder, unintelligence, great confusion.

Yes, it means that it is almost same as “Chaos” in English.
Japanese tend to mix English words in Japanese and talk.
This “Kaosu” is also a Japanese slang born at the time of explaining the “insanely state”, when I gathered in English words “Kaosu” and explained the situation.

It is certainly difficult to explain the “messed up state”, so the word “Kaosu” that can aggregate it and convey the situation is very convenient.

In fact, at present, young people are aggregating the nuances such as “unintelligible state” by the word “Kaosu”.
To put it briefly, it means “a messy condition”.

I think that you can fully understand the meaning of “Kaosu”, but its usage is slightly different from English so be careful.

Let’s look at an example of usage.

· Yesterday’s party was Kaosu.
· That guy is Kaosu.
· It is quite Kaosu.
· The room has Kaosu.
· Oh my goodness, I am Kaosu

As you can see from the example above, the usage method is completely different from “Kaosu” in English.
The word chaos has many meanings and it is a word that can not clarify one meaning clearly.
In other words, when expressing “a messy condition” it means that the meaning is aggregated in the word “Kaosu”.

I occasionally use the term “chaos” during work.
· That team’s system is Kaosu
· Too much work and Kaosu condition

However, it is not a formal word, so please do not use it for your boss or business partner.
I try to use “Kaosu” only when talking to colleagues.

If you use it, its situation will be chaos, so be careful.

Well, this time I introduced the word “Kaosu”, but if you understand the meaning and usage, it is easy to use Japanese slang.
If you can talk with your friends using “Kaosu”, I think that your Japanese will improve considerably.

Since it is a useful word once you master it, I think that it is a Japanese slang that comes naturally when speaking Japanese.

However, it is difficult for Japanese people over 40 to speak Japanese, so please use it only when talking to young Japanese.

=====

さて、今回は「カオス」という日本語スラングを見ていきましょう。

最初に言っておきますと、英語の「Chaos」と似た意味の日本語スラングですので、意味は簡単に理解する事ができると思います。

まずはいつも様に「カオス」の意味から見ていきましょう。
「カオス」とは無秩序、理解不能、大混乱という意味を表す言葉でインターネットスラングとして生まれました。

はい、英語の「Chaos」と殆ど一緒の意味ですね。
日本人は日本語に英単語を混ぜて話す傾向があります。
この「カオス」も「めちゃくちゃな状態」を說明する時に、英単語の「カオス」に集約して状況を説明した時に生まれた日本語スラングだと思います。

「めちゃくちゃな状態」を說明するのは確かに難しいので、それを集約して状況を伝える事ができる「Chaos」という言葉はとても便利ですね。

実際に現在では、「やばい状態」「理解できない様子」といったニュアンスを、若者は「カオス」という言葉で集約しています。
簡単に言うと、「メチャクチャな状態」という意味ですね。

「カオス」の意味は十分理解できたと思いますが、使い方は少し英語とは異なりますので注意が必要です。

使い方の例から見ていきましょう。

・昨日のパーティはカオスだったね。
・あいつカオスっているよね。
・かなりカオスな状態。
・部屋がカオスっている。
・やばい、まじでカオス

上記の例を見ると分かると思いますが、英語の「Chaos」とは全く使い方が異なります。
カオスという言葉はたくさんの意味を持ち、はっきりと意味を1つに纏める事ができない言葉です。
つまり、「めちゃくちゃな状態」を表現する時には、「カオス」という言葉に意味が集約されるという事です。

私も仕事中に「カオス」という言葉をたまに使う事があります。
・あのチームの体制はカオスだね
・仕事が多すぎてカオスな状態

ただし、フォーマルな言葉ではないので、上司や取引先には使わないようにしてくださいね。
私は同僚と話す時にだけ「カオス」を使うようにしています。

もし使ってしまった場合は、その状況がカオスになってしまいますので注意してくださいね。

さて、今回は「カオス」という言葉を紹介しましたが、意味や使い方が分かれば使い勝手の良い日本語スラングです。
「カオス」を使って友達と話す事ができれば、あなたの日本語もかなり上達していくと思います。

一度使いこなすと便利な言葉なので、日本語を話す時に自然に出てくる日本語スラングだと思います。

でも、40歳以上の日本人には通じにくい日本語スラングですので、若い日本人と話す時にだけ使用してくださいね。